ガンバ大阪応援サイト「GAMBA TIMES(ガンバタイムス)」

ガンバ大阪応援サイト、最新ニュース・試合結果・順位表・選手名鑑・TV放送・新加入&移籍情報など。

ガンバ大阪ニュース / 2017年10月1日~10日

      2017/10/11

スポンサーリンク

■国際親善試合ハイチ代表戦に、東口選手が先発フル出場。倉田選手が先発し60分途中交代。井手口選手が56分から出場。倉田選手が前半7分にゴール。[10.10]

■サントスFC監督のレビークルピ氏への交渉のめどを今月末に設定したことがわかった。[10.9]

■「U-17ワールドカップインド2017」U-17ホンジュラス代表戦にGK1谷晃生選手が先発フル出場。MF8奥野耕平選手が53分から途中出場。[10.9]

藤春選手試合後のコメント:[10.9]
もったいないというか、最後に引いてしまって5バック気味になって、ボールに誰が行くのかわからない状態になった。クロスを跳ね返す、壁みたいになっていたので、普通にやっていた方が良かった。普通に攻めたりして、うまくボールを回して時間を稼ぐ方が良かった。

三浦選手試合後のコメント:[10.9]
5バックは、完全に守備に回ってしまった。ボールにもプレッシャーに行けていなかったし、あれだと放り込み放題の状態になった。ただ、あの場面は守り切るチームでないといけないし、実際に決勝に行けていない。粘り強さを身に付けないといけない。

初瀬選手試合後のコメント:[10.9]
勝ち切れない、引き分けきれないのが自分たちのひ弱さ。それが今の結果に繋がっている。1点を返して優位な状況で決勝に勝ち上がりたかった。
5バックになって誰が行くのかというのがはっきりしなかった。サポーターには大阪ダービーに負けて申し訳ない。

長谷川監督試合後のコメント:[10.9]
残り30秒、セレッソ大阪のクロスの精度と中の入りをほめるしかないのかなと。メンバーが替えられない中、1点というようりは最後にはっきりこのままでいくという交代をして選手はそういうなかで粘って戦ってくれたと思う。交代で使った選手も、まだまだの選手もいるが精一杯ちからを出しくれたと思う。
ぜひセレッソ大阪には決勝戦で我々の思いも含めて頑張ってほしい。

via Jリーグ公式

[ルヴァンカップ準決勝②]ガンバ大阪 1(0-1, 1-1)2 セレッソ大阪 14:00 吹田S 観客:31,578人[10.8]

得点:初瀬→泉澤②(60分)

メンバー:GK藤ヶ谷;DF初瀬、三浦、今野、藤春;MF中原、遠藤、米倉(75分井出)、泉澤(78分野田);FW赤﨑(90+1分平尾)、長澤

リザーブ:GK鈴木、DF平尾、DF野田、MF井出、MF妹尾、MF高、FW呉屋

警告:今野、藤ヶ谷

 

高宇洋選手がルヴァンカップ第2戦セレッソ大阪戦でトップチームのメンバー入りをすることが濃厚。[10.8]

■ガンバ大阪の来季の監督候補の筆頭に、現在サントスFC監督のレビー・クルピ氏に一本化したと報じられている。既にオファー済み。交渉は大詰めらしい。[10.8]

食野選手試合後のコメント:[10.8]
相手を押し込めていたし、フリーだったので積極的にシュートを打っていった。ただし精度が。前半失点したが、焦ることなくできた。僕個人的には2点ぐらい取れそうな気配もあったので、焦りはなかった。僕と高江選手のところがフリーだったので、崩せたし、クロスも多くできた。しかし相手も中央の守備は固かった。

一美選手試合後のコメント:[10.8]
今日はいつもより良いパス回しができたが、クロスの精度や最後を決め切ることができなかったのが敗因。この先もやるしかないので頑張りたい。

宮本監督試合後のコメント:[10.8]
良い立ち上がりで、攻めこむ中ボールを相手に渡さないままポゼッションが多い、つめの甘さを欠いた前半だった。そんな中、パスミスで失点し、相手に勢いがでてしまった。後半もやってはいけない2点目、3点目を取られて、個人のミスもあるし、チームとしてひ弱さがある。
しかし、全体練習ができない中、最後までしっかり走り追いついたののは評価できる。ただダービーという大切な試合に負けたのはしっかり受け止めて次に進んでいけない。

via Jリーグ公式

井出選手がルヴァンカップ第2戦セレッソ大阪戦に先発出場が濃厚だと報じられている。[10.7]

[J3リーグ第26節]セレッソ大阪U-23 3(1-0,2-2)2 ガンバ大阪U-23 13:00 ヤンマー 観客:1,653人[10.7]

得点:白井(63分)、高江(90+2分)

スタメン:GK林;DF河井、ペスヨン(89分梅津)、西野;MF芝本、足立翼(68分足立丈)、岩本、食野、高江;FW一美、白井

リザーブ:GK棟方、DF足立、DF臼井、MF梅津

警告:梅津

 

■国際親善試合ニュージーランド代表戦に、井手口選手が先発し82分途中交代。代わって倉田選手が82分から途中出場した。倉田選手がヘディングによる決勝ゴールを決める。[10.6]

赤﨑選手試合後のコメント:[10.5]
最近チームが苦しい状況だったので、なんとか先制点を取って良い形で進めたいと思っていたので、先制点を取れたのは良かった。力を抜いて蹴った。選手にあたっても、GKがはじいても何かが起きるとと思って蹴った。

初瀬選手試合後のコメント:[10.5]
同点のクロスは、上手いこといった。狙わずに蹴った方がいいかもしれない。米倉選手が出てきて押し込めたし、あの場面は1人交わして抜ききることなく上げようと思っていた。井出選手が良い所で決めてくれた。

長谷川監督試合後のコメント:[10.5]
1stレグでアウェイゴールを取って引き分けという形で終えられた。中原選手は足がつるまでミスパスは合ったが、よくその後は切り替えて戦った。井出選手も悔しい思いもあったと思うが、難しい状況で同点ゴールを決めてくれた。本来の良さが出た。いつもは出番のない選手が結果をだしてくれたのは心強い。
市丸選手を練習でサイドハーフで使ったら良かった。ボランチもサイドハーフもできる選手。

via Jリーグ公式

[ルヴァンカップ準決勝①]セレッソ大阪 2(1-1, 1-1)2 ガンバ大阪 19:00 ヤンマー 観客:21,800人[10.4]

得点:赤﨑①(16分)、初瀬→井出①(80分)

メンバー:GK藤ヶ谷;DF初瀬、三浦、今野、藤春;MF中原(80分井出)、遠藤、市丸、泉澤(60分米倉);FW赤﨑(87分呉屋)、長澤

リザーブ:GK鈴木、DF米倉、DF平尾、DF野田、MF井出、MF妹尾、FW呉屋

警告:無し

 

■ベルギー1部シントトロイデンが井手口選手に興味を持っているらしい。近々オファーが来ると報じられている。[10.4]

■YBCルヴァンカップのニューヒーロー賞の有力候補選手にアデミウソン選手が入っていることがわかった。[10.3]

■「U-17ワールドカップ・インド2017」に参加するGK1谷晃生選手とMF8奥野耕平選手がインドに出発。[10.3]

高江選手試合後のコメント:[10.2]
サイドバックとして出た。得点を求められたので、しっかり切り替えて何とかゴールに繋げて流れを変えたいと思っていた。点はとれたが、そのあとがまだまだ

西野選手試合後のコメント:[10.2]
自分が試合に出た中でこういうのは情けない。明日からトップに戻るが球際に行けていないので失点につながったので、そこは明日の練習からやっていくしかない。取りあえず90分試合に出られたのは1つの課題をクリアできた。

宮本監督試合後のコメント:[10.2]
前半は良いシュートが2本も入ってしまった。そこを寄せきれずにミドルを注意していたが、それをやられた。ただ3点目や4点目をあのような形で取られて、必死で取り返す姿が見られず5点目、6点目という所につながってしまう。そこが選手の姿勢の部分で良くないという話は今してきた。ミスをしても今度はやられない姿勢、態度、気持ちの部分を見せないとプロとして戦っていけない。
若い選手なのでうまく修正できなかった、繰り返してしまったのが残念。

via Jリーグ公式

■横浜Fマリノス戦で負傷した金選手は検査の結果、左大腿部裂挫創と診断された。全治未定。[10.1]

[J3リーグ第25節]ガンバ大阪U-23 1(0-2, 1-4)6 藤枝MYFC 19:00 万博 観客:632人[10.1]

得点:高江(61分)

スタメン:GK林;DF河井(HT足立丈)、ペスヨン、西野;MF高、芝本、食野、高江(80分臼井)、足立翼(78分梅津);FW一美、白井

リザーブ:GK棟方、DF足立、DF臼井、MF梅津

警告:足立、白井、食野

 

遠藤選手試合後のコメント:[10.1]
流れが悪いと言えば悪いし、勝ってもおかしくない試合を最近は引き分けたり、落としたりしている。ただ、こういう結果にしているのも自分たち、最後の詰めも甘い部分もある。
ここ数試合、複数失点も多いし、点を決めるところで決めたり、守るところで守れないという試合になっている。今日は内容自体は良かった。ここは最低限やれるようにしたい。

長澤選手試合後のコメント:[10.1]
あの失点がきつかった。同点にしてから勢いがあった中で点が取れなかったのは自分たちを苦してしまったと思う。まだまだ。

東口選手試合後のコメント:[10.1]
金選手井手口選手が交錯して負傷したとき、見たことが無いくらい肉がえぐられていたにも関わらず、主審は早くピッチから出して試合を再開してと話した。

長谷川監督試合後のコメント:[10.1]
なかなか勝てないのが悔しいし申し訳ない。前半はピンチらしいピンチはなかった。後半はミスパスからカウンターでマリノスの狙い通りの形で点をとられた。そんな中、プレッシャーを強めて同点に追いつき、最後はオープンな展開になった。ホームで勝ちたいという思いがありながら、リスク管理をしないといけない。オープンな展開の中、相手に決勝点を与えてしまったので、まだまだ力不足だと感じている。勝ちたいがために細かいところを少しおろそかにしている部分があると思う。
ファウルがあったが主審の目の前のプレーだったので微妙なプレーだったのでしょう。

via Jリーグ公式

倉田選手が累積警告のため、次節横浜Fマリノス戦の出場が停止となった。[10.1]

■ガンバ大阪は1998年以来、19年ぶりのホーム4連敗となった。今季の優勝の可能性も消滅。長谷川監督の退任発表後、公式戦5試合未勝利となっている。[10.1]

スポンサーリンク

 - ガンバ大阪ニュース