ガンバ大阪応援サイト「GAMBA TIMES(ガンバタイムス)」

ガンバ大阪応援サイト、最新ニュース・試合結果・順位表・選手名鑑・TV放送・新加入&移籍情報など。

ガンバ大阪ニュース / 2018年4月1日~10日

      2018/04/09

スポンサーリンク

■ハリルホジッチ監督の解任を正式に発表。後任に元ガンバ大阪監督で、現在JFA技術委員長を務めている西野朗氏が就任することが決定した。[4.9]

■日本代表ハリルホジッチ監督が解任されることがわかった。監督候補には元ガンバ大阪監督の西野朗技術委員長、手倉森誠氏コーチの昇格が挙がっている。[4.9]

オジェソク選手試合後のコメント:[4.9]
失点が多かったので、守備的なところで集中することを大事にした。無失点で終われれば良かった。審判のせいで負けたとは言いたくないが、2~3シーンぐらいで微妙なあってもったいない試合。
試合で打撲して、夜と明日が一番痛むと思うのでケアをして試合に間に合わせたい。

東口選手試合後のコメント:[4.9]
中盤のバランスが崩れて、後ろがずれたところをマークにつききれずに失点した。どちらかが決めるかというカウンター応酬になっていたし、判断能力というか、少し疲れがあったのかも。
自分たちがリスクを冒して点を取りに行った結果の失点。後ろの問題よりは、前がしっかり仕留めるかどうかの問題だと思う。

クルピ監督試合後のコメント:[4.9]
神戸が良い試合をし、我々も後半盛り返したことを考えると決して負けに値するような試合では無かったと思う。その中で神戸はチャンスをしっかり決めた。我々よりもフィニッシュの精度が高かったということで、結果的に最悪な結果となった。
足が止まっているように見えたことに対し、決してフィジカル、疲れによるものだとは思っていない。両チームとも同じだったと思う。ただ、両チームとも決定的なチャンスがあった。最後は集中力ということになるのかなと思う。
交代枠が1つ余っていたのは、フィジカル、戦術、技術的な要素などの理由で使っていくのだが、今日の試合ではパフォーマンスが悪い選手はいなかった。

via Jリーグ公式

■ヴィッセル神戸戦、終盤のアディショナルタイムに失点し、今シーズン5敗目。未だ勝ち星なしが続く。[4.8]

食野選手がヴィッセル神戸戦でJ1デビュー。[4.8]

[J1第6節]ガンバ大阪 0(0-0, 0-1)1 ヴィッセル神戸 15:00 パナソニックスタ 入場者数:20,606人[4.8]

メンバー:GK東口;DFオジェソク(57分米倉)、三浦、ファビオ、初瀬;MF遠藤、マテウス;ファンウィジョ、倉田(57分藤本)、食野;FW長澤

リザーブ:GK林、DF菅沼、DF米倉、MF井出、MF藤本、MF芝本、FW中村

警告:なし

 

一美選手試合後のコメント:[4.9]
前半に2失点し厳しくなったが、ボールは持てていたし、シュートは少ないがチャンスはあった。そこで決められれば良い形で試合も運べたと思う。
前半は後ろで回すことが多かったが、後半は前に運べるようになった。最初の失点が痛かった。今日はシュートも打てず全く良くなかった。

宮本監督試合後のコメント:[4.9]
前半のエンジンのかかりの悪さが全て。相手が守備固めしてきた中、カウンターを招くようなパスミスがあったり、思い切ったスペースへの飛び出しやパス交換もなく、質の悪さが目立った。後半は少しよくなったが、1点を返すチャンスを形にできず3点目を取られ難しい試合になった。
アウェイもホームのように質の高いところを目指さないといけない。メンタルの準備ができていない。

via Jリーグ公式

■J3カターレ富山戦、ガンバ大阪U-23はボールを持ちながらもFWにボールを渡したり、シュート場面まで持ち込む場面が少なかった。後半は内容はよくなったが、良い流れのなかでの失点したのはもったいない。オーバーエイジ枠の選手の個性が出せなかったのが残念。[4.8]

[J3第6節]カターレ富山 3(2-0, 1-0)0 ガンバ大阪U-23 13:00 富山 入場者数:1,704人 [4.8]

メンバー:GK谷;DF松田、野田、西野、山口;MF高、高江(76分福田);矢島(HT高木)、森、泉澤;FW一美(82分白井)

リザーブ:GK鈴木、MF福田、FW高木、FW白井

警告:一美

 

■J3藤枝戦で2ゴールした食野選手が6日の紅白戦で主力組に入ってプレー。J1ヴィッセル神戸戦に出場かと報じられている。[4.7]

■「YBCルヴァンカップ」グループステージ第3節終了時点・Cグループ順位表:(数字は勝ち点)[4.5]

  • 1位:広島「7」
  • 2位:ガンバ大阪「6」
  • 3位:浦和「4」
  • 4位:名古屋「0」

長澤選手試合後のコメント:[4.5]
ああいうゴールを決められればチームとしても楽になると思うし、個人的にああいうプレーをすればもっと点が取れると思う。
ハットトリックはプロになって初めて。今日は感覚がさえていて、不思議なぐらい全てがイメージ通りだったし、ここに来るだろうという予測ができた。本当に良いゾーンに入れた。
要因はわからない。それがわかれば毎試合続けたい。試合前から初瀬選手からクロスを上げてくれと言っていた。最近はクロスを上げてくれない。場面もあり、自分の良さが生きないことが多かった。

クルピ監督試合後のコメント:[4.5]
今日の試合を総括するのは難しい。相手チームは多くのメンバーを変更した試合だからだ。評価は難しいがその中で4ゴールして勝利したのは選手たちの気持ちの上で大きな影響が出ると思う。3人の交代枠で、怪我から復帰した選手をふくめて見極めを続けている。しっかり点を取れるプレーをしたことで、選手たちはよくやったと思う。
長澤選手は安定したパフォーマンスをしている。FWは数字を残して初めて評価される、そういう意味で高く評価されるべき。

via Jリーグ公式

■ルヴァンカップ名古屋戦は両サイドからのクロスからが増え、長澤選手の良さが生かされた。左サイドが怪我の藤春選手から初瀬選手に代わったことがことが大きい。J1の前節FC東京戦でも後半にその良さが出ていた。[4.5]

■ルヴァンカップ名古屋グランパス戦で、長澤選手が前半だけで4ゴール。[4.4]

[ルヴァンカップ第3節]名古屋グランパス 1(0-4, 1-0)4 ガンバ大阪 19:00 パロ瑞穂 入場者数:10,122人[4.4]

得点:長澤③(5分)、初瀬→長澤④(16分)、ファンウィジョ→長澤⑤(29分)、倉田→長澤⑥(41分)

メンバー:GK東口;DFオジェソク、三浦、ファビオ、初瀬;MF遠藤(HT矢島)、マテウス;ファンウィジョ(HT藤本)、倉田、井出(61分森);FW長澤

リザーブ:GK林、DF菅沼、DF米倉、MF矢島、MF藤本、MF森、FW中村

警告:倉田(1)、三浦(1)

 

■本日行われるルヴァンカップ名古屋グランパス戦に藤本選手がメンバー入りしたことがわかった。約8ヶ月ぶり。クルピ監督は「45分は出場させたい」とコメント。[4.4]

アデミウソン選手が3週間ほどチームを離脱し、ブラジルでリハビリ治療に専念することが決まった。[4.3]

■明治安田生命J3リーグ第5節「DAZN週間ベスト5セーブ」にGK鈴木椋大選手が選出。[4.3]

高選手試合後のコメント:[4.2]
最近チャンスにからめるようになったので、あの4点目のゴールも高い位置をとってこぼれてきたら良いなという思いだったので、狙い通り決められて良かった。
今週はミドルシュートの練習をしていた。宮本監督からアドバイスを貰ってい居たので良い感じで蹴ることができた。

食野選手試合後のコメント:[4.2]
点がとれてスッキリした。左サイドが後半に空いてきて、カウンター際に自分が起点でボールを持てるようになったので、まわりを上手く使いながらというのは心掛けていた。2回に1回は良いパスを出そうと思った。駆け引きが大事。それが効いて2点目がうまれた。
今日は4-2-3-1でスタートして森選手矢島選手が右サイドで作っていて、左サイドは高江選手と2人で近い距離でボールを回せたので一美選手にボールを入れていくことができた。

宮本監督試合後のコメント:[4.2]
立ち上がり、相手のプレッシングで戸惑い前にボールを運べなかったが、15分すぎから慣れてきてボールを動かせるようになり、サイドを高い位置に取れるようになった。ゴールは狙いとする形から生まれたが、前半に3点目を取れるチャンスが何度もあったので、それを決め切れなかったは反省点として後半に臨んだ。その中、ピンチもあったが鈴木選手が試合を引き締めてくれたので、3点目を取ることができた。
前節の反省から立ち位置やシステムを変更した。矢島選手が出ることが決まったのは昨日だったが、良さを出せるかを考えてスタートした。矢島選手は右の低い位置から前に出る良さ、右サイドの質をの高さを出してほしいと伝えた。右サイドは矢島選手森選手松田選手がいい関係性をつくろうと、左サイドは山口選手食野選手高江選手でいい関係性をつくろうと話した。数は少なかったがいいコンビネーションを、食野選手森選手がしっかりプレスをすることで相手を混乱させられた。それに2~3列目も絡んでいくということができたと思う。

via Jリーグ公式

■ガンバ大阪U-23、J3第5節終了時点で勝点10となり、4位に浮上。[4.2]

■ガンバ大阪、J1第5節終了時点で勝点1で最下位。[4.2]

[J3第5節]ガンバ大阪U-23 4(2-0, 2-1)1 藤枝MYFC 14:00 パナソニックスタ 入場者数:1,398人 [4.1]

得点:一美(24分)、食野(26分)、食野(77分)、(80分)

メンバー:GK鈴木;DF松田、西野、菅沼、山口;MF高、高江(85分福田);食野、矢島(66分芝本)、森(61分高木);FW一美

リザーブ:GK谷、DF野田、MF芝本、MF福田、FW高木、FW白井

警告:森、高

森勇人選手は昨日のJ1・FC東京戦に続き、本日のJ3・藤枝戦にも出場する。[4.1]

マテウス選手試合後のコメント:[4.1]
手ごたえはあった。ブラジル人選手が活躍しているリーグなので、テンポに慣れれば活躍できると思う。今日の後半のような試合を続けていくと勝利が近づくと思う。

初瀬選手試合後のコメント:[4.1]
こういうチャンスを活かさないと試合にも絡んでいけない。同点ゴールはアシストできたが、3失点目の場面は自分のマークなので、そこは改善していきたい。
攻撃の面では自分が入ったことでボールが回るようになったと思う。

クルピ監督試合後のコメント:[4.1]
負けという結果を見ると最悪の結果だが、最後まで戦い抜いた。フィジカル的にも出し切った選手たちの戦いぶりは評価されてよいと思う。違う結果になっていてもおかしくなかった。
集中力がなかったところが立ち上がりの問題だった。特にセットプレーでは一番たかい集中力を求められるので一番難しいプレー。そこからの失点を防げなかったのは集中力の欠如だと思う。
マテウス選手の評価は、普通だったと思う。日本のサッカーのテンポに初めて触れたのもあり、厳しい部分もあった。ただ技術的にはしっかりしている選手なのでしあいを重ねるごとにもっとよくなると思う。

via Jリーグ公式

■FC東京戦の後半は途中まで本来のガンバ大阪のパスサッカーを展開した。特に初瀬選手が入った左サイドはこれまでにないパスのつながりを見せた。そんなガンバの流れの中に3失点目をしたのが悔やまれる。[4.1]

■ガンバ大阪U-23の森勇人選手がJ1の試合に出場。FC東京戦に66分から途中出場し、ミドルシュートを放つなど積極的なプレーを見せる活躍。[4.1]

藤春選手がFC東京戦の31分に負傷交代。代わりに入った初瀬選手がパスのつなぎやクロス、バランスの良い攻撃を見せる。[4.1]

マテウス選手がFC東京戦でデビュー。守備的なボランチというよりは自由に攻撃も仕掛けるタイプ。慣れが必要だが、逆サイドへの空いたスペースへの展開が武器。[4.1]

■元ガンバ大阪の永島昭浩氏が4月1日の放送でフジテレビ「みんなのニュース ウィークエンド」のスポーツコーナーのキャスターを卒業。[4.1]

スポンサーリンク

 - ガンバ大阪ニュース