ガンバ大阪応援サイト「GAMBA TIMES(ガンバタイムス)」

ガンバ大阪応援サイト、最新ニュース・試合結果・順位表・選手名鑑・TV放送・新加入&移籍情報など。

ガンバ大阪ニュース

ガンバ大阪ニュース / 2019年6月1日~30日

[J3第14節]AC長野パルセイロ 1(1-1, 0-1)2 ガンバ大阪U-23 17:00~ 長野U 入場者数:3,573人[6.30]

得点:オウンゴール(20分)、高木(77分)

スタメン(交代):GK田尻;DF高橋、奥田、松田、山口(71分西村);MF芝本、奥野、高(75分長尾)、川崎;FW高木、白井(56分食野壮)

リザーブ:GK駒井、DF西村、MF長尾、MF食野荘

警告:

 

矢島選手試合後のコメント:[6.30]

内容的には松本の守備が良かった部分もあるし、あまり良い感触はなかった。そういう流れでも勝てるのはチームとしても良いことかなと思う。

後半はサイドを突破できるようになり、もっと得点できるチャンスもあった。そこは継続しつつ、危ないシーンは作られないようい守備をもう一度やらないといけないと思う。

ただセットプレーが続く中で嫌な流れになったが、失点直後に遠藤選手からすごい良いパスが倉田選手のところに出て、あれですぐに返せたのがチームとして大きかった。
via Jリーグ公式

宮本監督試合後のコメント:[6.30]

先制して、それ以外にも相手陣内に攻め込む時間の多かった前半だったが、少し簡単に相手にシュートを許すようなシーンも見られたので、後半は難しくなるだろうと見ていた。

その中でセットプレーから点を取られてスタジアムの雰囲気が変わった。どう動くのかを注視していたが、選手が攻める気持ちを持って失点後も相手ゴールに迫った。そのマインドを持てたのが、この試合の一番の収穫だと思う。攻守においてプレーの質、精度を上げていきたい。

遠藤選手はここ2試合途中起用だったが、試合のリズムを変えるなど期待したものを出してくれた。今日のようにボールを持てる展開で、最後のパスとか試合運びに期待して期待した。
via Jリーグ公式

■松本山雅戦で藤春選手がJ1復帰。[6.29]

■複数得点での勝利は、J1第2節清水エスパルス戦以来となった。[6.29]

ファンウィジョ選手が松本山雅戦で2ゴールの活躍。[6.29]

[J1第17節]松本山雅 1(0-1, 1-2)3 ガンバ大阪 18:00~ サンプロ アルウィン 入場者数:15,690人[6.29]

得点:中村→ファンウィジョ③(26分)、遠藤→倉田③(63分)、田中→ファンウィジョ④(82分)

スタメン(交代):GK東口;DF高尾、キムヨングォン、三浦;MF矢島、倉田、遠藤(82分高江)、田中;FW食野(74分アデミウソン)、ファンウィジョ、中村(75分藤春)

リザーブ:GK林、DF菅沼、DF藤春、MF高江、MF福田、FW渡邉、FWアデミウソン

警告:なし

 

■元ガンバ大阪で、元日本代表監督の西野朗氏がタイ代表監督に就任することに合意したと報じられている。近日中に発表される見通し。[6.29]

■DF高尾瑠選手がプロA契約の規定である公式戦出場時間に到達したため、プロA契約を締結した。[6.28]

高選手試合後のコメント:[6.27]

決めるところで決めていればもっと楽になった試合で、あとは、ああいう失点をなくしておけばよかったなというゲーム展開だった。結構イージーなミスが多いので、質の部分も含めてレベルが低かったと思う。

トゥーロン国際大会ではボールを奪ってゴールまで入っていくシーンは、今まで見られなかった。倒れずに前に持っていく意識も持っていた。ただ今回はアンカーなので真ん中から消えないように意識しているので、トゥーロンとはプレーが変わってくる。今求められていることをしっかりやれればと思う。

失点場面だけ見ると軽い部分もあったので、そこはしっかりチームとして無失点で抑えなければいけなかった。
via Jリーグ公式

ダビドコンチャ選手試合後のコメント:[6.27]

第1戦で勝利したアドバンテージを考えて、もう少し自分たちが落ち着いて確実にプレーしていくべきだったと思う。最初に自分たちがゴールして、主導権を握れるような展開に持って切れば良かった。

最初はサイドでプレーして、サイドではまずまずできていたと思う。ただ、中でプレーするようになってからは、周りとのコミュニケーションのところで少し難しい場面もあった。

左サイドの前の方はあるが、後ろのポジションはない。自分の中ではもう少し難しいかなと思っていたが、思ったよりはよくできたと思う。周りの選手がディフェンスに行くとき、行かないときに声をかけてくれたので、すごく助かった。
via Jリーグ公式

宮本監督試合後のコメント:[6.27]

収穫はコンチャ選手がある程度、90分間パフォーマンスを出せるなというのが分かったところ。あと藤春選手が帰ってきて45分プレーできたところ。そういう個々の選手のいくつかの良い点が見られたかなと思う。

ただやはり負けてしまうという…。前回の対戦で点差がついた試合だが、それでもこの試合に勝たないといけないことを選手につたえてピッチに送り込んでこの結果とか、前半の内容とか、ゴールを決め切れないところは不満が残っている。
via Jリーグ公式

■YBCルヴァンカッププレーオフV・ファーレン長崎戦、2試合合計4-3となり、ガンバ大阪がプライムステージ(9/4・9/8)への進出を決めた。[6.26]

[YBCルヴァンカッププレーオフ第2戦]ガンバ大阪 0(0-0, 0-2)2 V・ファーレン長崎 19:00 パナソニックスタ 入場者数:5,708人[6.26]

スタメン(交代):GK林;DF米倉、菅沼、青山、オジェソク;MF今野(HT藤本)、高、倉田(HT藤春)、ダビドコンチャ;FWアデミウソン(63分食野)、渡邉

リザーブ:GK田尻、DF高尾、DF藤春、MF藤本、MF福田、FW中村、FW食野

警告:オジェソク(2)

 

宇佐美選手の背番号が「33」に決定した。[6.25]

■明治安田生命J1第16節「DAZN週間スーパーセーブ」にガンバ大阪からGK東口選手のセーブが選出。[6.25]

■明治安田生命J1第16節「DAZN週間ベストプレーヤーに」ガンバ大阪からDF高尾選手、MF矢島選手、FW食野選手が選出。[6.25]

■U-15日本代表候補トレーニングキャンプ(6/30~7/3・Jヴィレッジ)メンバーを発表。ガンバ大阪ジュニアユースからFW鈴木大翔選手とFW南野遥海選手が選出。→「ガンバ大阪所属の日本代表選手」[6.25]

■アウクスブルクのFW宇佐美貴史選手を完全移籍で獲得したとガンバ大阪が発表。[6.24]

■宇佐美選手のガンバ大阪への復帰が確実になった。J1デビューは最短で7月20日名古屋グランパス戦(豊田スタ)になる見込み。[6.24]

■ガンバ大阪J1第16節終了時点で4勝5分7敗。再び17位から14位に上昇。→「順位表」。[6.24]

■ガンバ大阪J3第13節終了時点で5勝4分4敗で9位から8位に上昇。。[6.24]

川崎選手試合後のコメント:[6.24]

芝本選手から良いボールがきた。あの場面でシュートを打てたが、切り返すと相手がいたし、塚元選手の方が確率が高いと思ってパスを出した、入って良かった。
ドリブルも持ち味。ボールをとられる場面も多かったが、2人目、3人目をはがせる選手になれるようにしていきたい。
via Jリーグ公式

塚元大選手試合後のコメント:[6.24]

ハットトリックについて。僕は貪欲になりすぎない感じなので、自分ができることをやろうと思っていた。素直に嬉しい。
事前ミーティングで3バックがあまり開き過ぎずに中にいるというスカウティングだった。ウイングバックの後ろと3バックの右と左の脇が空いてい来るので、そこを狙った。
サイドに人数が多くて、プレッシャーを掛けづらかったが、ハーフタイムにラインが低いという指摘があり、ディフェンスラインがあがったことで、前の選手がおもいきって
プレスを掛けられるようになった。そこは修正できたと思う。
via Jリーグ公式

森下監督試合後のコメント:[6.24]

結果的に言うと、田尻選手のおかげもあるが、よく勝ち切ったなと。勝ってOKではなく、やはり勝ち方、内容をもっと追及してやっていかないと。

今週は自分たちのスタイルをもう一度再確認をして、俺たちは攻めるぞと。今日の3点GKがいない状態までボールを持って行けている。それに関しては良かったと思う。
1点をとった後フェルナンジーニョ選手が気になってラインが下がり守備が間延びしたのかなと。ハーフタイムに修正し、後半上手に入れたが、なかなか3点目が取れず間延びしてしまったなと。フェルナンジーニョ選手のようなテクニックを持った選手はJ3にはなかなかいいないので、ユースたちを含めていい経験になったなと。今日はよく田尻選手がしのいでくれた。
via ガンバ大阪公式

■J3ガイナーレ鳥取戦でガンバ大阪ユースの塚元大選手がハットトリックを達成。Jリーグ史上最年少記録となる。[6.23]

[J3第13節]ガンバ大阪U-23 3(1-0, 2-1)1 ガイナーレ鳥取 17:00~ パナソニック 入場者数:1,050人[6.23]

得点:塚元3(8分、59分、90分)

スタメン(交代):GK田尻;DF高橋、奥田、松田、藤春(HT山口);MF芝本、奥野(HT長尾)、川崎、食野荘(58分白井);FW高木、塚元

リザーブ:GK駒井、DF山口、MF長尾、FW白井

警告:芝本

 

矢島選手試合後のコメント:[6.23]

基本的にビルドアップは俺プラス三浦選手キムヨングォン選手高尾選手のところで落ち着かせるイメージ。そこで落ち着かないと、前にボールをうまく入らない。
やはり自分たちが後ろで時間を作りながらというのは結構話をした。まだ改善の余地はあるが、田中選手をインサイドに来させて、高い位置をとらせるとか、そういう連動性が少しずつ出てきていると思う。
via Jリーグ公式

食野選手試合後のコメント:[6.23]

やっと勝たせるゴールを取れたという感じ。あまり覚えていないが、結構タフなゲームをしていたいので、相手も足がもつれているなというのは切り返した時に感じた。もう1回やってみるかと思い、シュートを打ったら入った。

やはりスタメンでは無いので若干悔しい思いもあるが、そこはうまく気持ちを切り替えて。1点取れればヒーローってところで切り替えられたところが良かった。
via Jリーグ公式

宮本監督試合後のコメント:[6.23]

福田選手は攻守において運動量豊富にカバーできるところと、相手からプレッシャーを受けても臆さずにボールを中盤で収められることができるのと、最近のパフォーマンスを見て自信を持って使えると考え起用した。
後半も続けるアイデアもあったが、イエローカードをもらっていたのと、試合展開を考えてカウンターを受けそうなシーンがあるかもしれないので交代した。

食野選手については、評価に関しては期待どおりというか、相手が人数をかけて守ってくるペナルティエリアの狭いスペースでボールを受け、そこでシュートまでいくようなシーンを作るという指示をした。指示通りに答えたし、その結果得点につながったので、非常に良かった。
via Jリーグ公式

■湘南ベルマーレ戦0-0で終了かという後半アディショナルタイムに食野選手ゴールで1-0で勝利。貴重な勝ち点3をゲット。[6.22]

[J1第16節]ガンバ大阪 1(0-0, 1-0)0 湘南ベルマーレ 19:00~ パナソニック 入場者数:19,162人[6.22]

得点:食野③(90+1分)

スタメン(交代):GK東口;DF高尾、キムヨングォン、三浦;MF矢島、福田(HT遠藤)、高江(90分渡邉)、田中;FWアデミウソン(73分食野)、ファンウィジョ、中村

リザーブ:GK林、DF菅沼、MF今野、MF高、MF遠藤、FW渡邉、FW食野

警告:福田(1)、高江(2)

 

■トゥーロン国際から戻ってきたMF高選手の先発出場の可能性が出てきた。[6.22]

■宇佐美選手の年棒は1億円(推定)で、移籍金は2億円(推定)だと報じられている。[6.21]

■「A Bola」によると、ポルティモネンセ(ポルトガル1部)がFW中村敬斗選手に興味を持っているらしい。現段階ではリストアップの一人らしい。[6.21]

■トゥーロン国際大会に参加していた高選手が、全体練習に合流。[6.20]

■宇佐美選手、井手口選手、堂安選手がガンバ大阪練習場で自主練を行っている。[6.20]

■アウグスブルクが保有権を持っている宇佐美貴史選手が、移籍金などの交渉が合意に達したことで、ガンバ大阪に復帰することが濃厚だと報じている。[6.20]

田中選手試合後のコメント:[6.20]

僕個人としては出た試合で自分ができることをJリーグでもルヴァンカップでも関係なく、やっていくことで評価してもらえると思うので、できることをしっかりやることを意識して
やっていきたい。

3バック対4バックになるとSBとCBの間でインサイドハーフの倉田選手が受けてくれると、僕のところにSBはなかなかマークに来るのは難しい。相手が4枚の時は良い状況でボールを受けられることが多かった。ただ相手が3枚になった時も2点目、3点目を取れたことが良かった。
via Jリーグ公式

中村選手試合後のコメント:[6.20]

出る前に3-0になったので、貪欲にゴールを狙いに行っても良い点差だった。今日に関しては貪欲に点を取りに行った。
最近ドリブルで抜いて、最後外すようなシーンがU-20日本代表の時もあったし、この間の磐田戦でもあった。何か多いなというのがあり、それが感情的に出てしまったが、結果的にその後は点が取れて良かった。

変化を感じるというよりは変化させないといけないなと感じている。感じて「させる」まで実行して、今、このチームにその状況を持ち込んでいるので、少し使ってもらえてはいると
思う。今日に限らずクロスにあわせるとかワンタッチゴールがなかったので、今日はFWらしいゴールだと思う。
via Jリーグ公式

宮本監督試合後のコメント:[6.20]

初戦をしっかりアウェイゴールを決めることをテーマに試合に入った。立ち上がりは少し後ろに重たくて、ビルドアップの部分であまりうまくいかずに多くのチャンスを作れずに停滞していた。
後半に入り、選手がしっかりそれをしゅうせいして、良いリズムで試合ができたと思うし、得点もたくさん奪えたところは良かった。ただ、1失点してしまっているので、そこは不満が残るし、最後までしっかり締められる試合運びができるチームになっていきたい。
via Jリーグ公式

■YBCルヴァンカッププレーオフ長崎戦、初戦のアウェイを4-1と大勝したことで、後半の第2戦にかなり有利な展開になった。[6.19]

[YBCルヴァンカッププレーオフ第1戦]V・ファーレン長崎 1(0-1, 1-3)4 ガンバ大阪 19:00 トランスコスモスタ 入場者数:6,480人[6.19]

得点:田中(31分)、倉田(54分)、アデミウソン(58分)、中村(82分)

スタメン(交代):GK林;DF米倉、菅沼、青山(81分三浦)、オジェソク;MF遠藤、今野(66分藤本)、田中、倉田;FWアデミウソン(60分中村)、渡邉

リザーブ:GK田尻、DF高尾、DF三浦、MFダビドコンチャ、MF矢島、MF藤本、FW中村

警告:オジェソク(1)

 

■「U-16インターナショナルドリームカップ2019 JAPAN presented by 朝日新聞」U-16メキシコ代表戦にMF中村仁郎選手が先発出場し65分に交代。
2ゴールの活躍。5-0と大勝。[6.19]

■大分トリニータ戦で右足首を痛め2か月間離脱していたFW渡邉千真選手がルヴァンカップV・ファーレン長崎戦の遠征メンバーに入ったことがわかった。[6.19]

■ガンバ大阪がグロイター・フュルトのMF井手口陽介選手に正式にオファーを出したことがわかった。違約金付きの完全移籍を提示。[6.17]

■「U-16インターナショナルドリームカップ2019 JAPAN presented by 朝日新聞」U-16ナイジェリア代表戦にMF中村仁郎選手が67分から途中出場。4-1で大勝。[6.17]

■ガンバ大阪J3第12節終了時点で4勝4分4敗で7位から9位に後退。→「順位表」。[6.17]

■U-22日本代表「トゥーロン国際大会」決勝・U-22ブラジル代表戦にMF高宇洋選手が先発フル出場。1-1(PK4-5)で準優勝となった。[6.16]

■ガンバ大阪J1第15節終了時点で3勝5分7敗。再び15位から17位、降格圏に落ちる。→「順位表」。[6.16]

中村選手試合後のコメント:[6.16]

U-20ワールドカップの時から変わらずにプレーできた。平常心で食いついてきたのをドリブルで抜けたし、攻撃突破もできたので良かった。

相手も3バックでウイングバックがいて、僕としては守備・守備というよりは自分の武器は攻撃。自分が守備していると思うと、自分が攻撃に移行した時に攻撃に移る体力が厳しい。そう考えた時に自分が先手をとり攻撃につめ込めば、守備の時間は必然的に減るし、負担も減る。自分の武器を最大限に生かして攻撃をどんどん仕掛けていくようにできれば、守備は軽減できると試合前から考えていた。それぐうまくハマった。
via Jリーグ公式

宮本監督試合後のコメント:[6.16]

チャンスが本当にたくさんあったので、特に後半、決めたかった。勝ち切りたかったというのが正直なところ。

中村選手はコンディション面でもU-20から帰ってきてすぐということもあり、1週間しっかり練習していた。パフォーマンスを見ても本人も守備に対する意識も変わっている様子がうかがえたので、ギリギリまで起用するか迷ったが、ある程度のものは見せてくれた。危険な選手になってくれたと思う。

想定外なことはなかったが、少し自分たちのラインが下がった中で、ボールを奪ったあとも相手に簡単に渡してしまうシーンが続いたので、押し込まれたと思う。ただ、相手の時間もあったが、自分たちの攻撃に問題があって単発というか、もう少し相手を揺さぶるような攻撃が後半にもできれば、我々のゲームにもってこられたと思っている。
via Jリーグ公式

倉田選手が累積警告のため、次節湘南ベルマーレ戦の出場が停止となった。[6.15]

[J1第15節]ジュビロ磐田 0(0-0, 0-0)0 ガンバ大阪 19:00~ ヤマハ 入場者数:12,352人[6.15]

スタメン(交代):GK東口;DF高尾、キムヨングォン、三浦;MF矢島、福田、高江(65分遠藤)、倉田;FWファンウィジョ、食野(70分アデミウソン)、中村

リザーブ:GK林、DF菅沼、DFオジェソク、MF今野、MF田中、MF遠藤、FWアデミウソン

警告:倉田(4)

 

高木選手試合後のコメント:[6.16]

ここ数試合は立ち上がりの失点が多く、今日もFKから失点してしまった。失点すると苦しい展開になることはわかっているけど、守り切れていないのはちーむとしてまだまだだと思う。自分も得点やそれ以外のプレーもまだまだだし、今日のような苦しい展開で点を決められる選手が良い選手だと思う。チームを勝たせるFWにならないといけない。
via Jリーグ公式

■J3第12節SC相模原戦、元ガンバ大阪の稲本潤一選手にゴールを決められ0-1で敗れる。[6.15]

[J3第12節]SC相模原 1(1-0, 0-0)0 ガンバ大阪U-23 17:00~ ギオンスタ 入場者数:1,609人[6.15]

スタメン(交代):GK田尻;DF高橋、奥田、松田、山口(73分西村);MF芝本、長尾、白井(53分塚元)、川崎、食野荘;FW高木

リザーブ:GK王、DF西村、FW塚元

警告:

 

■元ガンバ大阪監督の西野朗氏が「日本サッカー殿堂」に選ばれた。[6.14]

■J3で4試合連続ゴールを決めている高木彰人選手が5月度の「明治安田生命JリーグKONAMI月間MVP」J3部門を受賞した。[6.13]

■U-22日本代表「トゥーロン国際大会」準決勝・U-22メキシコ代表戦にMF高宇洋選手が先発フル出場。[6.13]

■U-17日本代表アルゼンチン遠征・国際親善試合U-17アルゼンチン代表戦にFW唐山翔自選手が後半から出場し、ハットトリックを達成。[6.13]

■「U-16インターナショナルドリームカップ2019 JAPAN presented by 朝日新聞」U-16ルーマニア代表戦にMF中村仁郎選手が先発し63分途中交代。1-1で引き分け。[6.13]

■国際親善試合韓国代表vsイラン代表戦に、FWファンウィジョ選手が出場。58分にまたゴールを決める。[6.12]

■ロシアのスパルタク・モスクワが元ガンバ大阪の堂安律選手の獲得に動いていることがわかった。[6.12]

■2020年度の新加入選手として、関西学院大学所属のMF山本悠樹選手と仮契約を締結したことを発表した。3クラブからオファーがありガンバ大阪を選んだ。[6.11]

■U-20ワールドカップに参加していた中村敬斗選手が練習に合流。[6.11]

■2日間のオフを挟んで全体練習が再スタート。[6.11]

■国際親善試合キリンチャレンジカップ・エルサルバドル戦に、元ガンバ大阪のFW堂安律選手が先発フル出場。[6.10]

■ガンバ大阪J3第11節終了時点で4勝4分3敗で7位をキープ。→「順位表」。[6.10]

高木選手試合後のコメント:[6.10]

前半に1点決めたことが後半に繋がったが、後半に僕も含めて決定機があったし、僕自身決め切るチャンスもあったので、まだまだかなと思う。そこで決め切って勝たせるFWにならないとトップには読んでもらえない。

前半の立ち上がりこそ相手のプレッシャーにのまれた部分はあったが、それ以外では球際でも負けていなかったし、ボールも持ててシュートチャンスまで作れているので、あとは最後のところを決めて勝てるように次は頑張りたい。
via Jリーグ公式

芝本選手試合後のコメント:[6.10]

得点場面にからむ場面、あそこに今までいることがなかったので意識していたし、あそこにいたことが大きかった。

20分ぐらいまでは相手の勢いにおされていたので、とりあえず守備から入ってリズムを作ろうと思っていた。ただ押し込まれた時間帯は残念だった。ただ。その後高木選手が1点返してくれたことで、ハーフタイムにも選手からはマイナスの言葉が出ず、むしろやれるような自信もあった。
via Jリーグ公式

高木彰人選手がJ3で4試合連続ゴールを決める。[6.9]

[J3第11節]ガンバ大阪U-23 2(1-2, 1-0)2 カマタマーレ讃岐 14:00~ パナソニックスタ 入場者数:2,662人[6.9]

得点:高木(40分)、芝本(84分)

メンバー:GK林;DF高橋、奥田、松田、西村(56分山口);MF芝本、長尾、川崎、食野壮;FW高木、白井(56分塚元)

リザーブ:GK王、DF山口、MF奥野、FW塚元

警告:なし

 

■「トゥーロン国際トーナメント」グループステージ第3節U-19ポルトガル代表戦にMF高宇洋選手は出場せず。[6.8]

■国際親善試合韓国代表vsオーストラリア代表戦に、FWファンウィジョ選手が出場し、76分に決勝ゴールを決める。[6.8]

■メジャーリーグサッカーのバンクーバー・ホワイトキャップスが、FWファンウィジョ選手に興味を持っているらしい。昨年「ガンバ大阪との契約を延長した」という報道があったが、今回のMLS公式によると6月末で契約が満了すると報じている。[6.7]

小野瀬選手が鹿島アントラーズ戦の試合中に負傷。検査の結果、右ハムストリングス損傷と診断された。全治4~6週間の見込み。[6.6]

■国際親善試合キリンチャレンジカップ・トリニダードトバゴ戦に、元ガンバ大阪のFW堂安律選手が先発し71分途中交代。[6.6]

■「トゥーロン国際大会2019」第2節U-22チリ代表戦にMF高宇洋選手が先発フル出場。チームの起点となる活躍。6-1大勝。[6.5]

■「FIFA U-20ワールドカップポーランド2019」ノックアウトステージU-20韓国代表戦に、FW20中村敬斗選手が68分から途中出場。0-1惜敗となった。[6.5]

■ホームタウンふれあい活動が3日行われ、ガンバ大阪の選手やスタッフが参加。[6.4]

■「トゥーロン国際トーナメント」グループステージ第1節U-22イングランド代表戦にMF高宇洋選手は出場せず。[6.3]

■明治安田生命J3「DAZN週間スーパーゴール」に、ガンバ大阪U-23のFW高木選手が選出。[6.3]

■明治安田生命J1「DAZN週間スーパーゴール」に、ガンバ大阪のFW食野選手が選出。[6.3]

■ガンバ大阪J3第10節終了時点で4勝3分2敗で7位。→「順位表」。[6.3]

ダビドコンチャ選手試合後のコメント:[6.3]

勝てて良かった。前半は難しい展開で、相手陣内にスペースがなくて苦しんだが、後半はよりシュートを打てて相手ゴールに迫る形も増えた。同点してからさらに2点を取って勝てたのは良かった。

連係というよりはコミュニケーションの問題が最初は難しかったが徐々に慣れてきた。90分フル出場をしていなかったので、そういう意味でも今日の試合は満足している。

via Jリーグ公式

高木選手試合後のコメント:[6.3]

今日のメンバーを見たら自分の年齢は上の方で、悔しい思いをしてピッチにたった。こういう状況とメンバーだからこそ、自分がチームを引っ張っていくというか、僕のプレーで言えば自分が点を取ってチームを勝たせることができたら良いと思って試合に臨んだ。勝利に繋がって良かった。

ゴールの場面は、相手のシステム上、あそこが空くと分かっていたし、練習でもああいう形から森下監督からゴールに向かってターンしろと言われていた。
それが出せて良かった。

via Jリーグ公式

■ガンバ大阪U-23戦にダビドコンチャ選手が先発フル出場。ガンバ大阪ユースが多いメンバーでの試合となったが、高木選手が2ゴールの活躍を見せる。[6.2]

[J3第10節]ガンバ大阪U-23 3(0-1, 3-0)1 藤枝MYFC 14:00~ パナソニックスタ 入場者数:1,038人[6.2]

得点:高木2(77分、90+6分)、奥田(90+5分)

メンバー:GK田尻;DF奥田、松田、西村;MF奥野(75分塚元)、芝本、長尾(HT高橋)、ダビドコンチャ、食野壮;FW高木、白井(55分川崎)

リザーブ:GK王、DF高橋、MF川崎、MF塚元

警告:ダビドコンチャ

 

■ガンバ大阪J1第14節終了時点で3勝4分7敗。再び16位から15位に浮上、下位争いは混戦。→「順位表」。[6.2]

食野選手試合後のコメント:[6.2]

1点は取れたが全然満足していない。チームを勝たせる選手になるのが目標だし、勝ちにつながっていないので満足していない。先発起用に関しては、いつも通りキレを出してゴール前でしっかりとシュートを打ってこいと言われたし、それを出すことを心掛けた。

アデミウソン選手が良いタイミングで落としてくれたので、あとはイメージ通りシュートを打てたので良かった。後半の決定機を決めていれば2-1で勝てた試合だったので、ああいうところをしっかり決められる選手が上に上がっていける選手なので
満足せず次に準備したい。

via Jリーグ公式

宮本監督試合後のコメント:[6.2]

札幌戦を振り返りもう少し厚みのある攻撃、相手を揺さぶる縦パスが少なかったので、改善するためのトレーニングをしたことが出た。後半は守備の部分、攻撃の部分での運動量、そこに出ていけないとか、特に右サイドが出ていかなくなった。相手も研究していて、そこを攻撃にきたのも原因だと思う。

食野選手はずっと調子が良いし、練習でもアデミウソン選手ファンウィジョ選手の2トップのポジションに加わるだけの力を見せていたので起用した。
前節は簡単にボールを失うことが多かったので、彼にはボールを受ける時のタメや、中盤のつなぎ役、ボールを逆サイドに持っていくときの起点となるプレーを期待して送り出した。
普段はシュート練習はしているし、それが出たのかなと思う。後半も1本チャンスがあったが。あれを決められるような選手になってほしいとおもう
via Jリーグ公式

食野選手が鹿島アントラーズ戦に先発フル出場。1ゴールの活躍。[6.1]

[J1第14節]ガンバ大阪 1(1-1, 0-0)1 鹿島アントラーズ 19:00~ パナソニックスタ 入場者数:30,495人[6.1]

得点:アデミウソン→食野②(13分)

スタメン(交代):GK東口;DF高尾、キムヨングォン、三浦、福田;MF矢島、高江(87分今野)、小野瀬(81分田中)、倉田;FWアデミウソン(76分ファンウィジョ)、食野

リザーブ:GK林、DF菅沼、DF米倉、MF今野、MF田中、MF遠藤、FWファンウィジョ

警告:なし

 

■U-20日本代表中村敬斗選手が参加している「U-20ワールドカップポーランド2019」決勝トーナメント1回戦の対戦相手がU-20韓国代表に決定した。6月4日(火)17:30キックオフ。[6.1]

■「U-16インターナショナルドリームカップ2019 JAPAN presented by 朝日新聞」(6/9~16・宮城)に参加するU-16日本代表メンバーを発表。ガンバ大阪ユースからMF15中村仁郎選手が選出。大会は「スカサカ!」にて放送される。[6.1]

■U-17日本代表アルゼンチン遠征(6/6~16)メンバーを発表。ガンバ大阪ユースからFW11唐山翔自選手が選出。[6.1]

■DF野田裕喜選手がモンテディオ山形に育成型レンタル移籍することを発表。移籍期間は2020年1月31日まで。[6.1]

-ガンバ大阪ニュース

Copyright© ガンバ大阪応援サイト「GAMBA TIMES(ガンバタイムス)」 , 2019 All Rights Reserved Powered by AFFINGER5.