ガンバ大阪応援サイト「GAMBA TIMES(ガンバタイムス)」

ガンバ大阪応援サイト、最新ニュース・試合結果・順位表・選手名鑑・TV放送・新加入&移籍情報など。

ガンバ大阪ニュース

ガンバ大阪ニュース / 2019年5月1日~31日

■「FIFA U-20ワールドカップポーランド2019」第3戦U-20イタリア代表戦に、FW20中村敬斗選手が22分から途中出場。[5.30]

■関西学院大学4年生のMF山本悠樹選手の獲得に動いていることがわかった。京都や湘南など複数クラブとの争奪戦になっているが、ガンバ大阪が優勢だと報じられている。[5.29]

■明治安田生命J1第13節DAZN週間ベストセーブ1位にGK東口選手のセーブが選出。[5.29]

■今年も「GAMBA EXPO 2019」をジュビロ磐田戦(8/18)で開催。今年はタレントの木梨憲武氏デザインの限定ユニフォームを着用することを発表した。[5.28]

■「FIFA U-20ワールドカップポーランド2019」第2戦U-20メキシコ代表戦に、FW20中村敬斗選手が76分から途中出場。ゴールに絡む活躍[5.27]

■ガンバ大阪J1第13節終了時点で3勝3分7敗。再び14位から16位に後退。→「順位表」。[5.27]

■天皇杯2回戦(7/3・パナスタ)の対戦相手がカマタマーレ讃岐に決定した。[5.26]

■ガンバ大阪からレンタル移籍している呉屋選手一美選手がゴールを決める。[5.26]

アデミウソン選手試合後のコメント:[5.26]

試合自体を振り返ると五分五分の展開だった。ただその中で我々は良い形で攻めることができたし、チャンスを作れていた。その意味では勝点3を欲しかった試合だった。
後半は相手も良いパフォーマンスをしていたし、チャンスも作られた。そこで無失点で終えられたのは大きかったし、チームが成長している証。自信にもつながっているので、ここから良い流れを作っていきたいと考えている。
via Jリーグ公式

宮本監督試合後のコメント:[5.26]

0-0という結果だが、どちらが勝ってもおかしくなかった。攻撃は最後の質やアイデアを改善する必要があったと思う。守備はラッキーな部分もあったが、体をはってやろうとしていた守備ができたと思う。

相手の時間帯が続いたので難しくなった。2トップに依存せずにという意識はしている。丁寧につないで2トップにたどり着ける数を増やしたい。
via Jリーグ公式

[J1第13節]コンサドーレ札幌 0(0-0, 0-0)0 ガンバ大阪 14:00~ 札幌ドーム 入場者数:15,690人[5.25]

得点:なし

スタメン(交代):GK東口;DF高尾、菅沼、三浦、福田;MF矢島、高江(83分食野)、小野瀬(90+2分田中)、倉田;FWアデミウソン(85分今野)、ファンウィジョ

リザーブ:GK林、DF米倉、DFキムヨングォン、MF今野、MF田中、MF遠藤、FW食野

警告:高江(1)

 

■元ガンバ大阪の堂安選手と井手口選手が、ガンバ大阪のクラブハウスを訪れた。[5.25]

■「コパアメリカブラジル2019」(6/4~7/7)に出場する日本代表を発表。ガンバ大阪からは誰も選出されず。[5.24]

■デュッセルドルフにレンタル移籍していた宇佐美選手は、一度所属元であるアウクスブルクに戻ることがわかった。[5.24]

■「FIFA U-20ワールドカップポーランド2019」第1戦U-20エクアドル代表戦に、FW20中村敬斗選手が90+2分から途中出場。[5.24]

■国際親善試合「キリンチャレンジカップ2019」(6/5愛知・6/9宮城)に出場する日本代表に、ガンバ大阪からは誰も選出されず。元ガンバ大阪のMF堂安律選手は選出。[5.23]

■YBCルヴァンカッププレーオフステージの組み合わせが決定。Dグループ1位となったガンバ大阪は、Aグループ2位のVファーレン長崎と対戦する。[5.23]

  • 第1戦:6月19日(水)19:00 V・ファーレン長崎 トランスコスモスタジアム長崎
  • 第2戦:6月26日(水)19:00 V・ファーレン長崎 パナソニックスタジアム

■YBCルヴァンカップ第6節・Dグループ順位表。1位でプレーオフステージ進出。[5.23]

  • 1位:ガンバ大阪:勝点11
  • 2位:ジュビロ磐田:勝点9
  • 3位:清水エスパルス:勝点8
  • 4位:松本山雅FC:勝点5

遠藤選手試合後のコメント:[5.23]

当初の目標としては勝って1位を決めたかったが、結果的に1位に通貨できて良かった。通過は決まっていたので、のびのび楽しくというのを考えながら、アピールをしないといけない部分もあったので、個人個人で良いプレーをしようと意識してた。
若手との連携については、細かいポジショニングとプレーの精度を高めるためには良いコミュニケーションをとることは必要なので、意識していた。
via Jリーグ公式

宮本監督試合後のコメント:[5.23]

既にグループステージの突破は決まっていたが、1位を狙いにいこう、勝点3をとろうと選手にははなしをして送り出した。ゴールを挙げることはできなかったが、結果として1位になったことは評価できる。点を取り切れなかったことは課題として取り組んでいこうと思う。
via Jリーグ公式

■移籍後怪我のため離脱していたダビドコンチャ選手がルヴァンカップ・松本山雅FC戦で初出場した。[5.22]

[YBCルヴァンカップ第6節]松本山雅FC 0(0-0, 0-0)0 ガンバ大阪 19:00 サンプロアルウィン 入場者数:7,680人[5.22]

スタメン(交代):GK林;DF米倉、キムヨングォン、青山、オジェソク;MF今野、高(57分芝本)、田中、遠藤;FW食野、高木(84分ダビドコンチャ)

リザーブ:GK田尻、DF松田、MFダビドコンチャ、MF藤本、MF芝本

警告:芝本、今野

 

■U-15日本代表候補トレーニングキャンプ(5/26~29・東京/千葉)メンバーを発表。ガンバ大阪ジュニアユースからFW鈴木大翔選手とFW南野遥海選手が選出。[5.21]

■明治安田生命J1第12節DAZN週間スーパーゴールにMF倉田選手のゴールが選出。[5.21]

■ガンバ大阪復帰の噂がある宇佐美選手は「来季はデュッセルドルフではないことは確か。どうなるか、僕の希望などは話せない。まだ僕自身もわからない状況なので、何とも言えない」とコメントした。[5.19]

■U-20日本代表がU-20コロンビア代表と親善試合を行い、FW中村敬斗選手が後半から出場した。[5.19]

■ガンバ大阪J1第12節終了時点で3勝2分7敗。16位から14位に浮上した。→「順位表」。[5.19]

倉田選手試合後のコメント:[5.19]

今週はこのフォーメーションで、相手にどう戦うかをみっちり練習できた。それもあるが1対1の気持ち、そこは絶対に負けないようにということを今日は皆ができた。若手が躍動してくれたのでこれからに向けても大きいこと。

ゴールの場面は少し右側にボールが言っていたので、ファーに流すよりも、、あそこに思い切り蹴ったら入るかなと思ってシュートを打った。

大阪ダービーということで、アドレナリンがでた。これだけすごい雰囲気を作ってくれて、出ない方がおかしい。全て出し切れたわけではないが、鬱憤がたまっていたものが今日の勝利で発散できたし、皆が買ってロッカールームで爆発した雰囲気だった。
via Jリーグ公式

福田選手試合後のコメント:[5.19]

最初はキャンプにも参加できず、苦しい思いをしたが、そこで森下監督と宮原さんが自分を救ってくれた。本当に感謝の気持ちで一杯だ。今日は森下監督と宮原さんのために戦ったようなものだし、結果が出て、かつ良いプレーができたいので言葉にできない嬉しさ。

本当に苦しい思いをしてきた中でのこの試合だったし、それに加えて「やれる」という自信もあった。

via Jリーグ公式

宮本監督試合後のコメント:[5.19]

現状を考えた時に、勝点3が非常に大切で本当に意味のあるものだと思うが、それでもやはりリーグが続いていく中で、これを継続していくことに、今はもう頭を切り替えている。

左サイドの攻撃が少し課題で、それを改善するためにどうするかを考えた時に、このシステムでやるという考えに至ったのは鳥栖戦が終わったオフの日だった。ある程度というか、流れを変えるために若手を起用した中で、誰を配置しどういう戦いができるかを想像しこのメンバーにした。

実際、左サイドもしっかり攻撃できていたと思うし、高尾選手もまぁ、J1初出場だが、最近の練習のパフォーマンスやルヴァンカップのプレーを見ていると十分やれると思って起用した。想像以上にしっかり落ち着いてやってくれたと思う。

今週はやるしかないと。我々のポジションや状況を考えた時にやるしかないという話をして、それをピッチで表現してほしいという話はしたし、出る出ないというところで、もちろん選手は出たいと思うのは当然だが、チームが勝つ、その可能性を一番求めてメンバーを構成するのが監督だと思うし、その中でしっかり若い選手は積極的に持ち味を発揮してほしいし、ピッチにいようがいまいが経験のある選手はそういう選手をさぽーとする形をとってほしいと、そういう話をした。
via Jリーグ公式

 

■ガンバ大阪が1-0でセレッソ大阪に勝ち、大阪ダービーを制す。8試合ぶりに勝利。ガンバ大阪U-23中心だった高尾選手福田選手高江選手食野選手が躍動した。[5.19]

[J1第12節]ガンバ大阪 1(0-0, 1-0)0 セレッソ大阪 19:00~ パナソニックスタ 入場者数:35,861人[5.18]

得点:高江→倉田②(55分)

スタメン(交代):GK東口;DF高尾、菅沼、三浦、福田;MF矢島(81分遠藤)、高江(68分食野亮)、小野瀬、倉田(73分今野);FWアデミウソン、ファンウィジョ

リザーブ:GK林、DF米倉、DFオジェソク、MF今野、MF田中、MF遠藤、FW食野

警告:なし

 

■J3第9節カターレ富山戦は、J1と同日開催でアウェイ試合、ガンバ大阪U-23メンバーがトップの試合に出場することもあり、選手が大幅に少なくガンバ大阪ユースの選手が出場せざるを得ない試合となった。[5.18]

 

[J3第9節]カターレ富山 3(2-0, 1-1)1 ガンバ大阪U-23 14:00~ 富山 入場者数:2,027人[5.18]

得点:高木(46分)

スタメン(交代出場):GK田尻;DF高橋(HT奥田)、松田、野田、山口(59分西村);MF芝本、長尾、川崎、食野荘;FW高木、白井

リザーブ:GK王、DF西村、MF奥田

警告:田尻、白井

 

■「トゥーロン国際2019」U-22日本代表にガンバ大阪ジュニアユース出身の田中駿汰選手が選出された。現在、大阪体育大学在学中。[5.18]

■U-22日本代表「第47回トゥーロン国際大会2019」(6/1~15フランス)メンバーを発表。ガンバ大阪からMF高宇洋選手が選出。[5.17]

宮本監督はセレッソとの大阪ダービーで、若手選手を起用する可能性を示唆した。「主力選手とルヴァンカップで戦っている選手をフラットに考えたい」とコメントしている。[5.16]

松波強化部長は宇佐美選手について「交渉には入ってはいない。本人の状況を確認してほしいという段階。移籍金もあるので。アウクスブルクはどうなるかというところ」とコメントした。[5.15]

■セレッソ大阪戦のチケットが完売したと発表した。[5.14]

■グロイター・フュルトの井手口陽介選手の獲得にも動いているらしい。ただし本人が海外でのプレーを希望しているため現時点での移籍の可能性は低い。[5.14]

■フォルトゥナ・デュッセルドルフFW宇佐美貴史選手の獲得を目指していることがわかった。本人もJ1復帰に前向きらしい。保有権はアウクスブルクにあり、今後移籍の話し合いが行われる。[5.14]

■U-20日本代表が流通経済大学と練習試合を行い、FW中村敬斗選手が先発出場し、右足ボレーでゴールを決めた。[5.14]

■明治安田生命J1第11節DAZN週間スーパーゴールに、食野亮太郎選手のゴールが選出。[5.13]

■ガンバ大阪J1第11節終了時点で、2勝2分7敗の16位。→「順位表」。[5.13]

キムヨングォン選手は累積警告のため、次節セレッソ大阪戦の出場が停止となった。[5.12]

食野選手試合後のコメント:[5.12]

チームとしても個人としても気持ちは見せたかなとというところはある。0-3で終わるのと1-3で終わるのとでは違うと思う。次は大阪ダービーなので気持ちは見せられたと思う。パスを受けて、前をむいたら誰もいなかったのでとりあえず、勝負しようと思ったらうまいことゴールまで行くことができた。

間で受けたり背後に抜けたりとか、相手のプレスをはぐプレーを意識していた。なかなか難しい展開だったがそこは意識していた。
via Jリーグ公式

宮本監督試合後のコメント:[5.12]

単純に選手のくみあわせで遠藤選手ファンウィジョ選手が前線にいたというところで、相手がああいう圧力をかけてくる中、背後をとらなければ、その圧力を減らすことはできない。その中で食野選手を入れた。
彼が裏に抜ける動きをすることで、ラインを下げたり、前線で受けたりという狙いで、それによってボールをもう少しうまく動かすことができるかなと思っていた。ただ、少しこっちの選手がもう少し自信を持ってうごかせればいい場面で慌ててしまったところはあったと思う。

単純に鳥栖の方がセカンドボールに対する執着心やパワーがあったなと。立ち上がりは本当にどちらに転ぶかという内容だったが、徐々にそのようなスタジアムの雰囲気になってしまったのかなと思う。

現状については、ビデオを見ないと正しいことは言えない。試合後、すぐのコメントは差し控えたいと思う。すみません。
via Jリーグ公式

■関西大学在学中の特別指定選手黒川選手がJ1初出場。[5.11]

■ガンバ大阪、最下位のサガン鳥栖に敗れる。7試合連続で勝利なし。内2試合引き分けあり。[5.11]

[J1第11節]サガン鳥栖 3(1-0, 0-1)1 ガンバ大阪 14:00~ 駅前不動産スタ 入場者数:14,789人[5.11]

得点:食野(90+2分)

スタメン(交代):GK東口;DF米倉(77分矢島)、菅沼、キムヨングォン、オジェソク(71分黒川);MF遠藤(HT食野)、今野、小野瀬、倉田;FWアデミウソン、ファンウィジョ

リザーブ:GK林、DF黒川、DF高尾、MF矢島、MF田中、FW中村、FW食野

警告:キムヨングォン(4)、アデミウソン(1)、ファンウィジョ(1)

 

■元ガンバ大阪のマテウス選手がコリンチャンスにレンタル移籍することが決定した。[5.10]

■U-16日本代表候補トレーニングキャンプ(5/12~15・J-GREEN堺)メンバーを発表。ガンバ大阪ユースからDF三木仁太選手とMF中村仁郎選手が選出。[5.9]

■YBCルヴァンカップ第5節・Dグループ順位表。首位を維持しプレーオフステージ進出が決定。[5.9]

  • 1位:ガンバ大阪:勝点10
  • 2位:ジュビロ磐田:勝点9
  • 3位:清水エスパルス:勝点5
  • 4位:松本山雅FC:勝点4

三浦選手試合後のコメント:[5.9]

ルヴァンカップも大事な試合だし、強化てばプレーオフステージ進出が決まるので、チーム全員でなんとしても価値に行くつもりだった。点が取れたし何より結果がでたことが良かった。

狙い通りのゴール。セットプレーはチャンスになると思っていた。藤本選手のボールも良かったので決めやすかった。
via Jリーグ公式

高尾選手試合後のコメント:[5.9]

トップでのデビューについて:最初は緊張したが、やっていくうちに慣れてきた。持ち味は出せたが、最後のところでもっと精度をあげないといけないと思った。

J1はパワーとかスピードを持っている相手が多いし、守備に関しては僕の課題だが、今日は結構うまくやれたと思う。攻撃は持ち味が出せたが、チャンスが3回ぐらいあり、そこでシュートなどの質を上げられたらもっと活躍できる。
via Jリーグ公式

宮本監督試合後のコメント:[5.9]

良い形を少し握る時間が多くなった、それはもちろん相手のやり方もあるが、そういう中でペナルティーエリア付近での少しのチャレンジが増えてきた。チャレンジと言うかスイッチのクサビであったり、お互いのポジショニングが良くなったところで出たプレーが前半の途中ぐらいから良くなったと思う。理想的な形でのセットプレーで点がとれた、これは狙いとしてあったので良かったと思う。

後半は同点に追いつかれたが、新しく入ったフレッシュな力をチームにもたらしてくれたり、1-1になって少し下を向くかなと思ったが、ホームでプレーオフ進出を勝ち取るという選手の強い気持ちも現れ、守備面で集中も切れなかったのが良かった。
via Jリーグ公式

■ガンバ大阪はYBCルヴァンカップD組の勝点を10に伸ばし、グループリーグ突破を決めた。[5.8]

[YBCルヴァンカップ第5節]ガンバ大阪 3(1-0, 2-1) 清水エスパルス 19:00~ パナソニックスタ 入場者数:7,051人[5.8]

得点:藤本→三浦(45分)、ファンウィジョ(65分)、中村(67分)

スタメン(交代):GK田尻;DF高尾、三浦、青山、黒川;MF高、矢島、田中(73分福田)、藤本(62分ファンウィジョ);FWアデミウソン(56分中村)、食野

リザーブ:GK東口、DF野田、DF松田、MF高江、MF福田、FWファンウィジョ、FW中村

警告:高

 

■元ガンバ大阪で、ブンデスリーガ2部のグロイター・フュルト所属のMF井手口陽介選手が右膝半月板損傷から復帰。約7か月ぶりに試合に出場した。[5.8]

■「FIFA U-20ワールドカップポーランド2019」(5/23~6/15)U-20日本代表を発表。ガンバ大阪からFW20中村敬斗選手が選出。GK谷晃生選手は怪我の為、選出されず。[5.7]

■明治安田生命J3第8節DAZN週間スーパーゴールに、ガンバ大阪U-23食野亮太郎選手が選出。[5.6]

■U-15日本代表ヨーロッパ遠征「第16回デッレナツィオーニトーナメント」決勝・U-15メキシコ代表戦に、ガンバ大阪ジュニアユースのFW14鈴木大翔選手が先発フル出場。U-15メキシコ代表に1-2と惜敗し準優勝となった。[5.6]

■ガンバ大阪U-23、J3第8節終了時点3勝3分2敗で7位に浮上。→「順位表」。[5.6]

中村選手試合後のコメント:[5.6]

点が決まればそれなりのパフォーマンスだと言えるが、その点が取れなかった。前半は左サイドから何度もチャンスを造れたし、もう少し得点が入っていれば良かった。

トップチームに行くようになってから、サイドバックとの連携を意識している。以前は外に張るようにしていたが、最近は良いタイミングで内側に入り、山口選手が空くので、そこから攻撃がスタートできている。

via Jリーグ公式

食野選手試合後のコメント:[5.6]

前半はボールを持つことができてチャンスを多く作れた。先制でき45分間良かったのに、最後の1分で失点するというのはチームとして反省しないといけない。後半のまだまだ決められたであろうシーンも含めて、相手の息の根を止めに行かないといけないと感じた。

2点目のようなシュートが入り、他のシュートで入らないのと言うのが気に入らない。PKは高木選手もゴールを取りたそうだったし、あれだけの流れの中で外しておいて、PKを蹴らせてほしいとは言えない。チャンスでしっかりと決められるように取り組みたい。

via Jリーグ公式

森下監督試合後のコメント:[5.6]

最初1300人くらいと聞いていたが、1700人強の方に来場いただいて感謝している。もっともっと2000、3000人、ゴール裏を解放しないといけないぐらいの方に来ていただけるように
今日くらいのパフォーマンスを毎試合、出してもらいたいと思う。

前半というか試合を通してだが、いい形ですすめられて、その中で決め切れずに、少し緩んだところでその隙を疲れ、自分たちの試合を難しくした。
後半はHTにも話したが、彼らは自分たち次第でゲームを動かせるので、2点、3点と、欲を言えばもっと点を取れるように、チャンスをもっともっと決められれば良かったなと。

あとは守備の所でも、今日1失点しているので、8試合で7失点だが、まだまだ減らせると思うので、引き続きトレーニングしていきたい。

via 秋田を圧倒して、3試合ぶりの白星

■秋田戦で食野選手が2ゴールの活躍。[5.5]

[J3第8節]ガンバ大阪U-23 3(1-1, 2-0)1 ブラウブリッツ秋田 14:00~ パナソニックスタ 入場者数:1,732人[5.5]

得点:食野2(31分、50分)、高木(89分)

スタメン(交代出場):GK林;DF高尾、松田、野田、山口;MF高江(85分長尾)、芝本、福田、中村(90分白井);FW高木(90+3分高橋)、食野亮

リザーブ:GK王、DF高橋、MF長尾、FW白井

警告:

 

■対戦したFC東京の長谷川監督は試合後「ガンバ大阪の試合は見ているが、今季ベストチームと対戦しているような気がした。非常に素晴らしい戦いをした。」とコメントした。[5.5]

菅沼選手試合後のコメント:[5.5]

とりあえずゼロで抑えることは意識していた。永井選手のプレースタイルは僕自身も一緒にやったことがあるのでわかっていた。裏へのスピードで1回勝負してみたいと思っていたので、できるだけ後ろに人数を残さないで、僕とキムヨングォン選手で出来るだけ見て、後は高選手にカバーしてもらうというスタイルでやれたので、前半は本当に自分たちが思うような形で守れたと思う。

後半は攻撃が単調になり、ゴールキックもバーンと蹴ってしまったりして、ファンウィジョ選手アデミウソン選手にストレスがかかっていと思う。あそこでCBがボールを持たないと、2人ともヘディングするタイプではないので、もう少し後ろから繋ぐスタイルを作らないと難しい。
via Jリーグ公式

宮本監督試合後のコメント:[5.5]

三浦選手と話をし、ここ数試合のパフォーマンスが良くないという話をして、彼もそれは自覚があり、今日はスタートではなくサブからいくという話をした。三浦選手も自分の中でパフォーマンスを上げていく必要を感じているということだったので、それはしっかりとやっていこうと、昨日話した。

キムヨングォン選手菅沼選手は、相手の最大の武器であるカウンターに対してしっかりと対応したと思うし、前半は少し立ち上がりはラインが深くなるところもあったが、そこのラインコントロールにしても徐々によくなっていったと思う。
やはり最後のペナルティーエリアの中で相手にシュートを打たれるような場面もあったが、そこでしっかりと体を張るところもあったし、お互いに持ち味はしっかり出ていたと思う。

神戸戦の今野選手のパフォーマンスが今と比べると上がっていなかったから。高選手はイエローカードを貰ったのと、前半次ファールをすると警告が出されるという会話をしているのが見えたので、後半の頭から変えようという考えになった。

via Jリーグ公式

■ガンバ大阪J1第10節終了時点で2勝2分6敗の15位。→「順位表」。[5.4]

■ガンバ大阪6試合連続で勝利なし。内2試合引き分けあり。[5.4]

[J1第10節]ガンバ大阪 0(0-0, 0-0)0 FC東京 16:00~ パナソニックスタ 入場者数:33,905人[5.4]

スタメン(交代):GK東口;DF米倉、菅沼、キムヨングォン、オジェソク;MF遠藤、高(HT今野)、倉田、小野瀬;FWアデミウソン、ファンウィジョ

リザーブ:GK林、DF三浦、MF今野、MF矢島、MF田中、FW中村、FW食野

警告:オジェソク(1)、高(2)、菅沼(1)、キムヨングォン(3)

※警告が4つになると累積警告となり、次節の出場が停止となる

 

■U-15日本代表ヨーロッパ遠征「第16回デッレナツィオーニトーナメント」準決勝・U-15オーストリア代表戦に、ガンバ大阪ジュニアユースのFW14鈴木大翔選手が先発し60分途中交代。4連勝し決勝に進出。決勝はU-15メキシコ代表と対戦する。[5.3]

■前節・仙台戦の後に決起集会を行ったことがわかった。[5.3]

■酒井宏樹選手が所属するリーグアンのオリンピック・マルセイユが、今夏に日本で親善試合をする計画があることがわかった。対戦相手はガンバ大阪が候補に入っているらしい。[5.2]

■U-15日本代表ヨーロッパ遠征「第16回デッレナツィオーニトーナメント」第3戦・U-15UAE代表戦に、ガンバ大阪ジュニアユースのFW14鈴木大翔選手が後半から出場。3連勝し準決勝に進出。準決勝はU-15オーストリア代表と対戦する。[5.2]

■フローニンゲン(オランダ)のMF堂安律選手にアヤックス・アムステルダム、PSVアイントホーフェン、プレミアリーグのサウサンプトンが興味を持っているらしい。[5.2]

■MF市丸瑞希選手がJ2・FC岐阜にレンタル移籍することが決定した。レンタル期間は2020年1月31日まで。育成型なのでシーズン終了後にガンバ大阪に復帰する契約となっている。[5.1]

■U-15日本代表ヨーロッパ遠征「第16回デッレナツィオーニトーナメント」第2戦・U-15ロシア代表戦に、ガンバ大阪ジュニアユースのFW14鈴木大翔選手が先発出場し47分途中交代。16分にゴールを決め、2試合の連続ゴールとなった。[5.1]

■U-15日本代表ヨーロッパ遠征「第16回デッレナツィオーニトーナメント」第1戦・U-15トルコ代表戦に、ガンバ大阪ジュニアユースのFW14鈴木大翔選手が54分から途中出場。65分にゴールを決める活躍。[5.1]

■J3得点ランキング第7節終了時点で、食野亮太郎選手が6ゴールで1位[5.1]

-ガンバ大阪ニュース

Copyright© ガンバ大阪応援サイト「GAMBA TIMES(ガンバタイムス)」 , 2019 All Rights Reserved Powered by AFFINGER5.