ガンバ大阪応援サイト「GAMBA TIMES(ガンバタイムス)」

ガンバ大阪応援サイト、最新ニュース・試合結果・順位表・選手名鑑・TV放送・新加入&移籍情報など。

ガンバ大阪ニュース

ガンバ大阪ニュース / 2019年12月1日~31日

■ジュビロ磐田のDF新里亮選手の獲得に動いていることがわかった。交渉は大詰めの段階だという。湘南ベルマーレなど複数のクラブがオファーをだしているらしい。[12.31]

■ガンバ大阪フィジカルコーチのトニ・ヒル・プエルト氏が、セレッソ大阪のフィジカルコーチに就任することがわかった。既に条件面など合意に達している。[12.30]

■U-23日本代表「AFC U-23選手権タイ2020(1/8〜26)」を発表。ガンバ大阪からは湘南ベルマーレにレンタル移籍するGK谷晃生選手が選出。またガンバ大阪からハートオブミドロシアンFCに移籍したMF食野亮太郎選手も選出。[12.30]

■柏レイソルのGK猿田遥己選手をレンタル移籍で獲得。移籍期間は2021年1月31日まで。猿田選手は柏レイソルとの試合には出場できない。[12.29]

■MF高江麗央選手がFC町田ゼルビア(J2)にレンタル移籍することが決定した。移籍期間は2021年1月31日まで。高江選手はガンバ大阪との試合には出場できない。[12.29]

■京都サンガFCに育成型レンタル移籍していたFW一美和成選手が、横浜FCにレンタル移籍することが決定した。移籍期間は2021年1月31日まで。一美選手はガンバ大阪との試合には出場できない。[12.29]

■GK谷晃生選手が湘南ベルマーレにレンタル移籍することが決定した。移籍期間は2021年1月31日まで。谷選手はガンバ大阪との試合には出場できない。[12.29]

■ガンバ創設から28年間在籍した強化アカデミーヘッドオブコーチングの鴨川幸司氏が、FCティアモ枚方アカデミーダイレクターに就任することが決定した。[12.29]

■U-22日本代表「キリンチャレンジカップ2019」U-22ジャマイカ代表戦に、ガンバ大阪のGK谷選手とMF福田選手は出場せず。レンタル移籍中の一美選手は58分から出場し1ゴール、高選手は72分から出場した。[12.29]

■モンテディオ山形に育成型レンタル移籍していたDF野田裕喜選手が、同クラブに完全移籍することが決定した。[12.28]

■FW一美選手が横浜FCに移籍することが濃厚だと報じられている。[12.28]

■シントトロイデンから打診が来ている三浦選手は、移籍期間終了の2020年1月末まで待つことがわかった。現時点でオファーは来ていない。[12.28]

■ジェフユナイテッド市原・千葉にレンタル移籍していたMF米倉恒貴選手が、同クラブに完全移籍することが決定した。[12.27]

■V・ファーレン長崎にレンタル移籍していたFW呉屋大翔選手が、柏レイソルに完全移籍することが決定した。[12.27]

■柏レイソルのGK猿田遥己選手にレンタル移籍でオファーを出していることがわかった。[12.27]

■J1クラブからオファーが来ていたDF菅沼駿哉選手が複数年契約で残留することに合意した。[12.27]

■GK林瑞輝選手がレノファ山口FC(J2)にレンタル移籍することが決定した。[12.26]

■MF高宇洋選手が来季も引き続きレノファ山口FC(J2)への育成型レンタル移籍が決定した。[12.26]

■ガンバ大阪がオファーを出していたファジアーノ岡山のMF仲間隼斗選手が、柏レイソルに完全移籍することに決定した。[12.26]

■GK林瑞輝選手がレノファ山口FC(J2)にレンタル移籍することがわかった。[12.25]

遠藤選手が条件面で合意に達し、来季も残留することがわかった。[12.25]

■GK田尻健選手がガイナーレ鳥取(J3)に完全移籍することが決定した。[12.24]

■ジェフユナイテッド市原・千葉(J2)にレンタル移籍していたGK鈴木椋大選手が、同クラブに完全移籍することが決定した。[12.24]

■今季で契約満了となったDF青山直晃選手が鹿児島ユナイテッドFCに加入することが決定した。[12.23]

三浦選手には現時点ではシントトロイデンからオファーは届いていいないことがわかった。[12.21]

■モンテディオ山形(J2)のDF熊本雄太選手の獲得に動いていることがわかった。[12.20]

三浦弦太選手がベルギーのシントトロイデンに移籍する可能性があることがわかった。移籍金は推定2億円。夏にも移籍の可能性があり、2度目の打診となる。[12.20]

■「キリンチャレンジカップ2019」U-22ジャマイカ代表と対戦するU-22日本代表メンバーに、MF福田湧矢選手が追加召集された。[12.19]

■横浜Fマリノスからオファーが来ていた小野瀬選手がガンバ大阪に残留することがわかった。[12.19]

■「EAFF E-1サッカー選手権2019」第3節・韓国代表戦にDF三浦弦太選手は先発フル出場。MF井手口陽介選手は先発し62分途中交代した。[12.19]

■ガンバ大阪2020年シーズンの始動日、キャンプスケジュールを発表。[12.19]

  • 始動日:1月8日(水)
  • 第一次キャンプ:1月13日(月)〜22日(水)・タピック県総ひやごんスタジアム(沖縄県総合運動公園陸上競技場)
  • 第二次キャンプ:1月25日(土)〜2月1日(土)・沖縄県中城村吉の浦ごさまる陸上競技場

■長野パルセイロ(J3)に所属し現役を引退した明神智和氏が、ガンバ大阪ジュニアユースのアカデミースタッフとして復帰することがわかった。[12.18]

■ガンバ大阪から京都サンガFC(J2)にレンタル移籍しているFW一美和成選手に、横浜FCからオファーが来ていることがわかった。[12.18]

■2020年シーズンのJ1リーグとルヴァンカップの試合日程を発表。[12.17]

  • J1:2020年2月21日(金)〜12月5日(土)
  • ルヴァンカップ:
    第1節:2月16日(日)
    第2節:2月26日(水)
    第3節:3月4日(水)
    第4節:4月8日(水)
    第5節:4月22日(水)
    第6節:5月6日(水・祝)

■湘南ベルマーレがGK谷晃生選手をレンタル移籍で獲得することが濃厚。[12.17]

■名古屋グランパスの左MF和泉竜司選手の獲得に動いていることがわかった。複数のクラブが興味を示している。[12.17]

■オファーを出していたファジアーノ岡山の仲間隼人選手が柏レイソル入りすることが濃厚。[12.17]

■湘南ベルマーレがGK谷晃生選手にオファーを出していることがわかった。[12.15]

■「EAFF E-1サッカー選手権2019」第2戦・香港代表戦にDF三浦弦太選手とMF井手口陽介選手は出場せず。[12.14]

■ファジアーノ岡山からGK一森純選手を完全移籍で獲得した。[12.13]

■ガンバ大阪取締役兼強化アカデミーアドバイザーの上野山信行氏が取締役を辞任し退職することが発表された。来季からJ3カマタマーレ讃岐のゼネラルマネージャー(GM)に就任する。[12.12]

■FC東京にレンタル移籍しているDFオジェソク選手の復帰も選択肢としてあると松波強化部長は明かした。[12.10]

松波強化部長小野瀬選手にオファーが来ているが、三浦選手には届いていないとコメントした。[12.10]

■「EAFF E-1サッカー選手権2019」第1戦・中国代表戦にDF三浦弦太選手とMF井手口陽介選手が先発フル出場。三浦選手は70分にゴールを決める。[12.10]

■U-18日本代表候補トレーニングキャンプ(12/16〜19・Jヴィレッジ)にFW唐山翔自選手が選出。[12.10]

■U-16日本代表チュニジア遠征メンバーに招集されていたMF中村仁郎選手が怪我のため、代わりにMF三木仁太選手が追加招集された。[12.10]

■J1第34節(最終節)「DAZN週間ベストプレーヤー」にFW宇佐美選手が選出。[12.10]

■青山直晃選手、マルケル・スサエタ選手、ダビド・コンチャ選手の契約満了を発表した。移籍先は今のところ未定。[12.9]

■ガンバ大阪がオファーを出している川崎フロンターレのDF奈良竜樹選手は既に退団の意向を伝えていることがわかった。獲得濃厚か?[12.9]

■2019年シーズンの全日程が終了。シーズン途中までは良かったが、途中から失速、勝点35のままJ3の順位は17位でフィニッシュ。9勝8分17敗と大きく負け越した。[12.9]

■ガンバ大阪U-23はFC東京U-23に1-5と大敗。4連敗となり今季が終了した。[12.8]

森下監督試合後のコメント:[12.9]

ガンバ大阪ユース1,2年生がほとんどだが、ボールが無いところの準備を含めて、ボールサイドの攻守を含めて、そこの局面で瞬間的に準備が遅かったり、弱気になったり、対応が遅れたりしていた。
点差ほどの内容ではないと思うが、そこの局面がまだまだ足りない。こういうレベルでやたことがない選手がほとんどなので、彼らにとっては良い教訓になったと思う。

あとはボールの後ろにばかりつくサッカーではなく、もっとゴールに向かうサッカーをするためのファーストタッチやポジショニング、動き出しなど、この部分を今年1年鍛えていたが、自分から動き出すアクションはまだまだ弱いのかなと。それができている選手がヨーロッパに行ったり、トップチームに上がったりできていると思う。この若い選手たちは今日の試合を糧にしてほしいと思う。

ガンバ大阪公式

白井選手試合後のコメント:[12.9]

90分通して後半のようなサッカーができれば普通に勝てた試合だと思う。今日の試合は気合が入っていた。個人としても負けたくない気持ちだった。それが結果につながらなくて残念。この悔しさを忘れずに努力していきたい。

自分たちの悪いクセ。失点をしてしまうと下を向いて下がってしまうというのがある。そこを思い切って全員が前に出ることができたら、変わってきたのかなと思う。

Jリーグ公式

[J3第34節(最終節)]FC東京U-23 5(2-0, 3-1)1 ガンバ大阪U-23 13:00〜 駒沢 入場者数:2,072人[12.8]

得点:唐山(48分)

メンバー:GK田尻;DF大串(63分伊勢)、松田、大野(70分當麻)、村上;MF奥野、芝本、中村仁郎、川﨑;FW唐山、白井(63分塚元)

リザーブ:GK谷、DF當麻、MF伊勢、FW塚元

警告:なし

 

■ガンバ大阪は昨年もオファーした川崎フロンターレのDF奈良竜樹選手の獲得に動いていることがわかった。[12.8]

三浦選手が他クラブから移籍の打診があることがわかった。[12.8]

小野瀬選手が優勝した横浜Fマリノス、FC東京など、他クラブから移籍の打診があることがわかった。[12.8]

マルケル・スサエタ選手は契約満了で退団することが基本線だと報じている。[12.8]

■2019年シーズンの全日程が終了。ガンバ大阪は最後に3連勝し、勝点47となりJ1の順位は7位でフィニッシュ。12勝11分11敗と勝ち越した。[12.8]

福田選手試合後のコメント:[12.8]

やっとゴールできて嬉しい。これまで10何試合も出ていて、チャンスもあったのに結果を出せなかった。最後に出せてよかった。

あの形はずっと練習してきた形。相手がボールウォッチャーになっていたので、「いける」と思って走った。ファーストタッチが上手く行った。この結果に満足せずに行きたい。

Jリーグ公式

宮本監督試合後のコメント:[12.8]

選手が今のやり方、システムに少しなれてきて、それと同時に特に夏に以降チームに合流した選手たちのコンディションが上がってきたところが、この最近のゴール数であったり、チームの結果に結びついていると思う。
春先は少し失点が多くてん苦しんだ部分もあったが、やり方を変えて試合内容、結果が安定してきた中で、選手が入れ替わったシーズンだったのもあり、なんとかやり繰りするようなシーズンになってしまったと思う。
ただ本来は今日のような3点以上取れるようなサッカーを目指していきたいし、オフになるが良いイメージをチーム、選手が持ち続けてほしいと思う。

井手口選手は朝の時点で少し発熱があり、出場を見合わせた。急遽倉田選手に出てもらうことになったが、トレーニングからコンディションも良かったし、90分できる状態だと判断した。

Jリーグ公式

福田選手が浦和レッズの終了間際にJ1初ゴールを決める。[12.7]

アデミウソン選手は浦和レッズ戦で今季二桁得点となる10ゴール目を決める。[12.7]

[J1第34節]浦和レッズ 2(0-1, 2-2)3 ガンバ大阪 14:00〜 埼玉 入場者数:47,188人[12.7]

得点:アデミウソン→宇佐美⑦(9分)、アデミウソン⑩(64分)、福田①(88分)

スタメン(交代出場):GK東口;DF三浦、菅沼、キムヨングォン、藤春;MF遠藤、倉田(86分福田)、小野瀬、矢島;FWアデミウソン(76分パトリック)、宇佐美(88分高木)

リザーブ:GK林、DF高尾、MF福田、FWパトリック、FW高木、FW渡邉

警告:なし

 

■チュニジア遠征(12/13〜23)するするU-16日本代表を発表。ガンバ大阪ユースからMF中村仁郎選手が選出。[12.6]

■明治安田生命J1第33節「DAZN月間ベストプレーヤー」にGK東口選手、MF遠藤選手、MF小野瀬選手、FW宇佐美選手が選出。[12.6]

■ガンバ大阪からJ2のV・ファーレン長崎にレンタル移籍しているFW呉屋大翔選手が、来季からJ1復帰の柏レイソルに移籍することが決定的になったと報じている。ガンバ大阪との契約は2019年までであることから各クラブからオファーが集まっていた。[12.6]

■U−15日本代表スペイン遠征「SPORTCHAIN CUP ALBIR 2019」・第3戦U-15イングランド代表戦にFW鈴木大翔選手が先発し、53分に途中交代。FW南野遥海選手はMFとして先発フル出場。0-5大敗。[12.6]

■U−15日本代表スペイン遠征「SPORTCHAIN CUP ALBIR 2019」・第2戦U-15スペイン代表戦にFW鈴木大翔選手が先発し、73分にFW南野遥海選手に交代した。2-4で敗れる。[12.5]

■「キリンチャレンジカップ2019」U-22ジャマイカ代表と対戦するU-22日本代表を発表。ガンバ大阪からGK谷晃生選手が選出。また、ガンバ大阪から京都サンガFCにレンタル移籍しているFW一美和成選手と、レノファ山口FCにレンタル移籍しているMF高宇洋選手も選出。[12.4]

■「EAFF E-1サッカー選手権2019」(12/10〜18・韓国)に出場する日本代表を発表。ガンバ大阪からDF三浦弦太選手MF井手口陽介選手が選出。[12.4]

■J1第33節「DAZN週間スーパーゴール」にGK小野瀬選手が選出。[12.4]

■U−15日本代表スペイン遠征「SPORTCHAIN CUP ALBIR 2019」・第1戦U-15メキシコ代表戦にFW南野遥海選手が先発し、63分途中交代。FW鈴木大翔選手は後半から出場し、57分にゴールを決める。3-0勝利。[12.4]

アデミウソン選手と、来季も契約延長で合意したことがわかった。[12.3]

■サンフレッチェ広島からレンタル移籍しているFWパトリック選手を完全移籍で獲得する予定であることがわかった。[12.3]

■FCソウル韓国代表MFチョ・セジョン選手にオファーを出したことがわかった。ボランチの選手だがアンカーもこなせるらしい。[12.3]

■韓国・輔仁高校のDFシン・ウォノ選手と仮契約を結んだことを発表した。[12.2]

■元ガンバ大阪のMF明神智和選手が現役を引退することを発表。[12.2]

唐山選手試合後のコメント:[12.2]

試合後に監督に言われたのは、点が取れていないけど焦らずに練習するしかないと。

あの抜け出しは良かったが、その後川﨑選手が後ろから走っていて、GKが前にいたのでパスを出そうかと思ったが、ダッシュで後ろから戻ってきている相手選手がいたので迷ってしまい、判断が遅れてああいう形になってしまった。

Jリーグ公式

松田選手試合後のコメント:[12.2]

1失点目はクロスを上げられて、自分も準備ができていなかったので、準備ができていれば防げたと思う。

今日みたいに失点するとブロックを引かれて難しい展開になる。失点しないでおこうと思っていたが、立て続けに2失点して自分たちで難しい試合にしてしまった。

Jリーグ公式

森下監督試合後のコメント:[12.2]

トータルで言うと前半、入りは悪くなかったが穴があるのかなと。穴があるのは承知だが、その穴を生かされてしまう。
1点目も福田選手のところでボールロストして、芝本選手のところで球際を負けて持っていかれる。2点目も競るところを競らないで落とされて立ち止まる。

やはりそういう、11対11の練習ができていないので、来年は週の間に試合も入れて、チームとしての判断も含めて、選手のためにもクラブも入ってもらって、松並強化部長にも言ってもらっているので、それも考えながらやりたいと思う。

そこらへんの勝負の部分、あとは点を取られた後の前半は特に感情でサッカーをしてしまう、弱気になる選手、焦る選手、慌てる選手、それでも十分チャンスがなかったわけではないのと思うので、白井選手唐山選手もGKとの1対1があったりとか、そこらへんの感情をまだコントロールできていない。

後半は自分が主導することでボールを引き出す、アクションを起こす、相手を剥がしにいく、ボールを運ぶ。動いていない味方につけたり、根本的なところというか、彼らの生活を見ていると、生活もそういう感じなので、あいつが動いたから俺も行こうかなと。特に今の2年目の彼らは、そこらへんが今一番も課題かなと。俺はこのためにこうする、そういう姿勢がサッカーに出ている部分があるのかなと思う

ガンバ大阪公式

■アスルクラロ沼津に敗れたガンバ大阪U-23はここ3試合無得点の3連敗。[12.1]

■昨日J1松本山雅FC戦に途中出場した福田選手が、J3アスルクラロ沼津戦に先発出場。[12.1]

[J3第33節]ガンバ大阪U-23 0(0-2, 0-0)2 アスルクラロ沼津 14:00〜 パナソニックスタ 入場者数:1,154人[12.1]

メンバー:GK谷;DF松田、當麻(37分大野)、村上(64分中村仁郎);MF奥野、芝本、髙江、福田、川﨑;FW唐山(67分塚元)、白井

リザーブ:GK田尻、DF大野、MF大串、中村仁郎、FW塚元

警告:なし

 

■サッカーダイジェストによると、高江選手菅沼選手の来季の移籍が濃厚だと報じらている。[12.1]

倉田選手試合後のコメント:[12.1]

後半に入って相手も勢いを上げてきて押し込まれる時間が多かったので、入るときにはしっかりとボールを保持するように監督から言われて入ったが、1点はすぐに取れたが、相手の時間帯が多かった。もっとチームを引き締めたかった。

Jリーグ公式

小野瀬選手試合後のコメント:[12.1]

僕のゴールはラッキーな部分が多かった。先制点を取るまではガンバのシュートも少なかったし、キム・ヨングォン選手から優しい落としのパスが来たので、振り抜こうと思った。ニアサイドを狙った。軌道は狙ったコースだったが、あれほど上手くいくとは。

サイドが機能しているのは僕だけでなく井手口選手遠藤選手宇佐美選手とでよい距離感を保っているから。僕がサイドを開きっぱなしではなく、井手口選手と入れ替わりながら上手くプレーできた。

Jリーグ公式

宮本監督試合後のコメント:[12.1]

端的にこの試合を、ホーム最終戦を勝つというところと、15分でまず1点をとるというところで、できれば前半で2点目、3点目を取ってしまって、相手が残留へのパワーを持ってくるのはわかった中で、それを上回るパフォーマンスを出そうという話をして送り出した。

前半はたしかに良かったが、後半の立ち上がりは少し受けてしまい、相手も後半は出てくるのはあると思うが、1点取られたりした。前半良かった分、後半はもっとできたのかなという、こだわりを持ってほしいという話をしてきた。

井手口選手は少し前半、足を痛めていたので、交代させた。今日に限って言うと、らしいプレーは多くなかった。もちろん点は取ったが、代表選手としてもっと格の違いを見せていかなければいけないし、攻守両面にもっと高いパフォーマンスを今後期待したい。

Jリーグ公式

■J1第33節終了時点で、ガンバ大阪の順位は9位。勝点44にアップ、これまで負け越してきたが11勝11分11敗と並んだ。[12.1]

-ガンバ大阪ニュース

Copyright© ガンバ大阪応援サイト「GAMBA TIMES(ガンバタイムス)」 , 2020 All Rights Reserved Powered by AFFINGER5.