ガンバ大阪応援サイト「GAMBA TIMES(ガンバタイムス)」

ガンバ大阪応援サイト、最新ニュース・試合結果・順位表・選手名鑑・TV放送・新加入&移籍情報など。

ガンバ大阪ニュース

ガンバ大阪ニュース / 2019年11月1日~30日

倉田選手は練習には合流したもののコンディションが万全ではないことから試合復帰は先になりそうだと報じられている。[11.22]

■川崎フロンターレ戦で頬骨を骨折し離脱していた倉田選手が19日より練習に合流。20日の非公開練習も参加した。[11.21]

■パナソニックスタジアムで行われた「キリンチャレンジカップ2019」ベネズエラ代表戦に、DF三浦選手が後半から出場。井手口選手は82分から出場した。[11.20]

■ガンバ大阪2020年シーズン新加入選手にFW唐山翔自選手と仮契約を結んだことが発表された。既にJ3・ガンバ大阪U-23プレーヤーとして活躍、ハットトリックも達成している。唐山選手は現在17歳で飛び級でプロ入りする。[11.19]

■J3第31節終了時点で、ガンバ大阪U-23の順位は12位をキープ。[11.18]

■ブラウブリッツ秋田戦の前半にDF山口選手とFW白井選手が負傷交代した。[11.18]

森下監督試合後のコメント:[11.18]

現在ユースの選手がいる状況でプロを目指す選手がいて、プロ1,2年目の選手がいて、彼らがどうすればこの世界で一人前に生きていってもらえるかなというところを私自身が、もう一度見直さなければならいと思う。

うちのチームのパーソナリティー、人間的な強さ、そういう部分が大阪とは寒さも違う、風もある、グランドの状況が違う環境でプレーしたからこそ見えたかなと思う。

内容的には今年一番悪かったが、そういう部分に関しては意味のある試合になった。やはりJ1で活躍し続ける選手になるには、パーソナリティーの部分を成長させないといけない。私が考え、選手たちに伝えられればと思う。

ガンバ大阪公式

松田選手試合後のコメント:[11.18]

攻め込まれるのはわかっていたので、前半は耐えていたが、自分たちのサッカーがなかなか出せない中で、後半1点とられてから耐えきれなかったのが反省点。

いつもだったら寄せられた時にパスでつなぐが、相手のプレスにのまれて、自分たちのペースができなかった。1対1など、その一つ一つで負けなければ、もっと良い試合ができたと思う。

Jリーグ公式

[J3第31節]ブラウブリッツ秋田 3(0-0, 3-0)0 ガンバ大阪U-23 13:00〜 ソユースタ 入場者数:1,356人[11.17]

メンバー:GK林;DF大串、松田、當麻、山口(23分村上);MF奥野、芝本、中村仁郎、川﨑;FW白井(45+3分伊勢)、塚元

リザーブ:GK田尻、DF大野、DF村上、MF伊勢

警告:奥野

 

■U-22日本代表がサンフレッチェ広島と練習試合(35分×2)を行い、GK谷晃生選手が先発し前半のみ出場した。[11.14]

■次期監督候補にブラジル人・ロジェリオ・ミカーレ氏が獲得リストに入っていると「サッカーダイジェスト」が報じている。ただ、これまでのガンバ大阪はブラジル人監督では結果を残せていない。[11.14]

■「サッカーダイジェスト」によると浦和レッズの来季の補強リストにアデミウソン選手が入っているらしい。[11.14]

■京都サンガが遠藤選手に興味を持っていると「サッカーダイジェスト」が報じている。[11.14]

■U-22日本代表にガンバ大阪からレノファ山口FCにレンタル移籍しているMF高宇洋選手が追加招集された。[11.13]

■今週末は日本代表ウィークに入るため、J1の試合は行われない。[11.12]

■J1第31節終了時点で、ガンバ大阪は順位9位をキープ。[11.11]

■J3第30節終了時点で、ガンバ大阪U-23は12位に順位を後退。[11.11]

東口選手試合後のコメント:[11.11]

立ち上がりで1点とって試合に入れたら理想だが、早い時間帯に1点とってくれた中で、そのリードを守りながらチームとして戦って行ける力が今日はなかった。前線の選手たちはしっかり結果を出しているので、それを続けて行けたらと覆う。

流れの中ではなくセットプレー絡みの2失点なので、そこは集中力の問題だと思う。課題は明確。

Jリーグ公式

宮本監督試合後のコメント:[11.11]

1点取るまでは良かったと思うし、その後も少し押し込む時間帯はあったが、決めきれなかった。集中力を欠いた対応になりFKで簡単に失点し、もう1失点もセットプレーから。パフォーマンスの中に甘さが見られた部分があったと思う。

アンカーの脇に相手のシャドーが来て、そのシャドーにうちのCBがつくのか、うちのシャドーが見るのかというというところで、そのギャップをいかに埋めていくかというのが今日のテーマだった。
後半は特にシャドーを落としてきた中では、選手の中で対応しづらさがあったと思う。

Jリーグ公式

■宇佐美選手が2試合連続ゴール。[11.10]

[J1第31節]大分トリニータ 2(1-1,1-0)1 ガンバ大阪 14:00〜 昭和電工ドーム大分 入場者数:17,022人[11.10]

得点:アデミウソン→宇佐美⑤(11分)

スタメン(交代出場):GK東口;DF三浦、菅沼(82分菅沼)、キムヨングォン、藤春;MF遠藤、井手口(75分パトリック)、小野瀬、矢島(65分マルケル・スサエタ);FWアデミウソン、宇佐美

リザーブ:GK林、DF高尾、MFダビド・コンチャ、MFマルケル・スサエタ、MF福田、FWパトリック、FW渡邉

警告:なし

 

塚元選手試合後のコメント:[11.10]

前半、立ち上がりが悪く、攻撃も中途半端でなかなかシュートまで行けなかった。それでも前半で1点返せたのは大きい。ただ全体的に見ても一人ひとりが球際に行けず、悪く言えば逃げているような部分もあった。そういうところで戦えていたら絶対に勝てる試合だったと思うのでもったいない。

ゴールシーンは、競り合いに強いわけではないので、それよりもマークを外してフリーになっていということを考えた。

Jリーグ公式

森下監督試合後のコメント:[11.10]

最後はよく追いついたが、前々節までの感じだったら負けていてもおかしくなかったかなと思う。そういう部分ではグループとしては粘り強さは出てきているのかなと思う。

ユースの1、2年が多いのでフィジカル的に難しいところがある。相手の方が高くてロングボールを多く使われ、難しい試合だった。
しかし、我々はガンバ大阪なので、優勝して当然のクラブになっているので、そこを目指すのであれば、フィジカル関係なくまずは判断的なところを良くしていかなければならない。

もっといい場所を選んで、いい動きをして、最優先の判断ができるようにしたい。さらにそれを活かせるテクニックをまずつけられるようにしたいと思う。

ガンバ大阪公式

■来シーズンよりガンバ大阪入りが内定した川﨑選手塚元選手が岩手グルージャ盛岡戦でゴールを決める。[11.9]

[J3第30節]いわてグルージャ盛岡 3(1-1, 2-2)3 ガンバ大阪U-23 13:00〜 いわぎんスタ 入場者数:1,139人[11.9]

得点:川﨑(33分)、村上(58分)、塚元(88分)

メンバー:GK田尻;DF大串、松田、當麻、山口;MF奥野(86分大野)、芝本、中村仁郎(57分村上)、川﨑;FW白井(74分伊勢)、塚元

リザーブ:GK王、DF大野、DF村上、MF伊勢

警告:なし

 

■ガンバ大阪2020年シーズン新加入選手にFW川﨑修平選手とFW塚元大選手と仮契約を結んだことが発表された。両選手とも既にJ3・ガンバ大阪U-23プレーヤーとして活躍している。[11.7]

■「FIFA U-17ワールドカップブラジル2019」ラウンド16・U-17メキシコ代表戦にFW唐山翔自選手が80分から途中出場。0-2で敗退。[11.3]

倉田選手が6日よりフェースガードを使用し練習に参加。[11.7]

■キリンチャレンジカップ2019・ベネズエラ戦代表戦(11/19・パナソニックスタジアム吹田)に、ガンバ大阪からDF三浦弦太選手とMF井手口陽介選手が選出。尚、両選手はカタールワールドカップ・アジア2次予選・キルギス代表戦(11/14・ビシュケク)には選出されていない。[11.6]

■J1第30節「DAZN週間ベストプレーヤー」にFW宇佐美選手とGK東口選手が選出。[11.6]

■U-22コロンビア代表(11/7)と対戦するU-22日本代表を発表。ガンバ大阪からGK谷晃生選手が選出。元ガンバ大阪の堂安律選手と食野亮太郎選手も選出。[11.6]

■レバノン代表(11/14)とブラジル代表(11/19)と対戦する韓国代表を発表。ガンバ大阪からDFキムヨングォン選手が選出。[11.5]

■J1第30節「DAZN週間スーパーゴール」にFW宇佐美選手のゴールが選出。[11.5]

■ガンバ大阪U-23はJ3第29節終了時点で11位に浮上。[11.5]

白井選手試合後のコメント:[11.5]

試合前からずっと狙っていたというか、ファーストシュートを決めるイメージで、パスを選択せずに1本目はゴールが見えたら打つと決めていたので入って良かった。アップの時に監督からシュート練習が硬いと言われて、GKをめがけて思いっきり売ったら意外とはいるものだぞと言われていた中で、思い切って売ったら入った。

Jリーグ公式

川﨑選手試合後のコメント:[11.5]

ゴールシーンは角度がなかったので入るかなと思ったが、相手にあたりよいところに転がっていって決まって良かった。今日はずっと点をとることしか考えていなかったし、ようやく初ゴールが決められた。

アシストシーンは白井選手が抜け出せるなと思ったしDFの間を通したらGKと1対1に持っていけると思っていた。良いパスが通せてよかった。

Jリーグ公式

森下監督試合後のコメント:[11.5]

僅差の試合をものにできてきない状況が続いた中で、今日、勝負ごとに関してはよく耐えて、勝ちきったかなと思う。このグループで18歳、高1・高2がたくさん出ていて、本当に簡単なことではないと思うし、相手、稲本選手や丹羽選手など、J1でやっていた選手がいる中、本当に粘り強くなってきたと思う。

それプラス、自分たちがなぜああやって後半少し難しい状況になるかというと、マイボールになったところで引っかかる。守備も自分たちが先にポジションをとって、ボールを触っているのに、クリアを含めて中途半端になり、セカンドボールが拾えない。
これは育成の一つのやらないといけないこと、そういう相手がいないので、高校生相手だと。今日のようにロングボールを多様するチームへの試合に進め方を覚えていかないといけない。

ガンバ大阪公式

[J3第29節]ガンバ大阪U-23 3(2-1, 1-1)2 SC相模原 14:00〜 パナソニック 入場者数:876人[11.4]

得点:白井(12分)、奥野(45+2分)、川﨑(85分)

メンバー:GK谷;DF大串、松田、當麻、山口;MF奥野、芝本、中村仁郎(90+2分村上)、川﨑;FW白井、塚元(90+4分伊勢)

リザーブ:GK王、DF大野、DF村上、MF伊勢

警告:芝本

 

■湘南vsガンバ大阪に日本代表森保一監督が視察した。宇佐美選手の2ゴールに「両足で決められる技術の高さが見られた」とコメント。[11.4]

■ガンバ大阪が3-0で大勝。J1第30節終了時点で9位に浮上。引き続き混戦だが、次節に勝利するとJ1残留が確定する。[11.3]

宇佐美選手が湘南ベルマーレ戦で2ゴールの活躍。[11.3]

宇佐美選手試合後のコメント:[11.4]

怪我の時期は考える時間があった。やはりシュートを打たないといけないし、逆に言えば距離に関係なく足を振れるのが自分の強みでもあるので、シュートの感覚、一連の動作を確立していくような練習の積み重ねはできた。
自信になったわけではないが、迷わず振れるようになったのは良い感触。

1点目について:■遠藤選手からのアシストでゴールになっている場面は多いし、今日もシンプルにボールを返してくれた。選手によっては受けたらシュートを選択する選手もいるが、もう一度返してくれてシュートまでいけるのはありがたい。落ち着いて返してくれたのが1点目のゴールのすべてかなと思う。

2点目について:1点取れたこともあり、迷いはなかった。中にアデミウソン選手がいるのもわかっていたので、ギリギリまでクロスのイメージを持っていた。結果しっかり打ててゴールを決められたのは、自分の良さの一つが出たと思う。

Jリーグ公式

宮本監督試合後のコメント:[11.4]

倉田選手の怪我したところをどう埋めるかを考えた。2週間練習と練習試合を見て、今日の3人でスタートすると決めた。もちろん対戦相手の特徴を踏まえて、ボールを持つ時間があるだろうということも踏まえて選択した。
菅沼選手に関しても、ロングボールが増えるだろうと予想して起用した。守備のところでもう少し前からボールを奪いに行くところや、速攻と遅行の使い分けの練習をしてきた。

宇佐美選手のフィニッシュワークは試合形式の練習でも見せていたし、何より体のバランスがとれてきた。
6月から練習を見ているが、その頃に比べれば力強さが出てきた。守備に関しても前から奪いにいったり、50-50のボールで体を預けて自分のものにできたりできている。どんどん良い状態になり、今日の2ゴールも自信になったと思う。

Jリーグ公式

[J1第30節]湘南ベルマーレ 0(0-1, 0-2)3 ガンバ大阪 16:00〜 BMWスタ 入場者数:人[11.3]
89
得点:小野瀬⑥(10分)、宇佐美③(45+1分)、宇佐美④(50分)

スタメン(交代出場):GK東口;DF三浦、菅沼、キムヨングォン、藤春;MF遠藤(81分ダビド・コンチャ)、井手口、小野瀬、矢島;FWアデミウソン(81分パトリック)、宇佐美(68分渡邉)

リザーブ:GK林、DF高尾、MFダビド・コンチャ、MFマルケル・スサエタ、MF高江、FWパトリック、FW渡邉

警告:

■湘南ベルマーレ戦に福田選手がメンバー入りしていなりことがわかった。4バックだから?[11.3]

■湘南ベルマーレ戦に怪我明けのアデミウソン選手宇佐美選手が先発出場する。[11.3]

■「FIFA U-17ワールドカップブラジル2019」第3戦・U-17セネガル代表戦にFW唐山翔自選手が先発出場し、80分途中交代。1−0で勝利。[11.3]

倉田選手は脳震盪と左頬骨骨折のため、本日行われる湘南ベルマーレ戦には出場しない。[11.3]

■完全非公開で大学のチームと練習試合を行った。[11.2]

■「FIFA U-17ワールドカップブラジル2019」第2戦・U-17アメリカ代表戦にFW唐山翔自選手が先発出場、後半途中交代。[11.1]

-ガンバ大阪ニュース

Copyright© ガンバ大阪応援サイト「GAMBA TIMES(ガンバタイムス)」 , 2019 All Rights Reserved Powered by AFFINGER5.