ガンバ大阪ニュース

ガンバ大阪ニュース / 2021年8月1日~31日(J1の試合結果・スタメンなど)

■J1リーグ8月28日終了時点の順位表:8勝6分13敗、勝点30。順位は13位を維持。[8.29]

倉田選手試合後のコメント:[8.29]

今日出たことが今の僕らの実力というかレベルだと思う。反省することはたくさんあるので、まずは個人個人が今の自分のプレーでいいのか、もっとやらないといけないことがあるのではと個々で考えないといけない。
僕自身もチームを毘けることができかなったので、もう一度見つめ直して、セレッソ大阪との試合がすぐにあるので、今日の借りは返したい。

Jリーグ公式

パトリック選手試合後のコメント:[8.29]

怪我でずっと外れていたが、日に日に良くなっているし、これからももっと良くなる。今はだいぶ良くなってきた。

今日見ていて感じたのは、自分たちのチームが引きすぎていて、相手ゴールに近いところでボールを奪って攻撃につなげたいと感じていたので、そういうプレーは出していきたいと思っていた。

Jリーグ公式

■松波監督試合後のコメント:[8.29]

少しメンバーとシステムを変えて、セレッソ大阪と同じようなシステムにした。プレッシャーをかけながらというところでは、少し前半の入は押されたところがあったが、そんなに大崩せずに0-0で抑えた。
その中で後半と思っていたところで守備のところが寄りすぎたというか、サイドによりすぎてしまったのか、ワンプレー、ワンプレーということろで失点してしまった。
そこから少しメンバーを変えて、前にパワーをというところではあったが、なかなかこじ開けられることができなくて残念な結果。

Jリーグ公式

■セレッソ大阪との大阪ダービーは0-1で敗戦。前節に続き2連敗。[8.28]

[J1第27節]ガンバ大阪 0(0-0, 0-1)1 セレッソ大阪 19:00 パナソニックスタ 入場者数:4,976人[8.28]

スタメン(交代出場):GK東口;DF柳澤、昌子、キムヨングォン、奥野(72分井手口)、藤春;MF山本(81分小野瀬)、矢島(72分宇佐美)、倉田、チアゴ・アウベス(60分山見);FWレアンドロ・ペレイラ(72分レアンドロ・ペレイラ)

リザーブ:GK石川、DF三浦、MF小野瀬、MF井手口、FWパトリック、FW山見、FW宇佐美

警告:なし

 

■FW川﨑修平選手がポルトガル1部・ポルティモネンセに完全移籍することが決定した。移籍金は不明。[8.26]

■「FIFAワールドカップカタール2022アジア最終予選」オマーン代表戦(9/2)はパナソニックスタジアム吹田で行われる。

■「FIFAワールドカップカタール2022アジア最終予選」にガンバ大阪からは誰も選出されず。元ガンバ大阪のMF堂安律選手と、ガンバ大阪から湘南ベルマーレにレンタル移籍しているGK谷晃生選手が選出。[8.26]

■J1リーグ8月25日終了時点の順位表:8勝6分12敗、勝点30。順位は13位をキープ。[8.26]

小野選手試合後のコメント:[8.26]

ちょっと真ん中で相手のGKがゴチャゴチャとなり、高いところにボールが浮いている場所に他の選手が反応できていなかったので、そこにいち早く反応して枠にしっかりと入れられたで良かった。

もっと改善するところはある。もっとシンプルにしっかりとパスを出して動くところの質を求めないと厳しいと思う。11人で同じ絵を描かないといけない。

Jリーグ公式

松波監督試合後のコメント:[8.26]

メンバー交代、構成を変えながら相手の特徴である背後への動きは警戒していたにも関わらず、ああいう形で一人少なくなる状況を作ってしまったのは残念だが、後半一人少ない中で、点が取れたので全員がしっかり、色々なメンバー交代の中で対応してくれたと思うし、結果は残念だが、切り替えて次に臨みたい。

Jリーグ公式

■ガンバ大阪、最下位の横浜FCに1-3大敗。[8.25]

[J1第26節]横浜FC 3(1-0, 2-1)1 ガンバ大阪 19:00 ニッパツ 入場者数:3,892人[8.25]

得点:小野①(48分)

スタメン(交代出場):GK東口;DF三浦、佐藤、菅沼、黒川;MFチュ・セジョン(66分昌子)、小野瀬、小野(66分矢島)、井手口(89分藤春);FWチアゴ・アウベス(66分倉田)、宇佐美(76分レアンドロ・ペレイラ)

リザーブ:GK石川、DF昌子、DF藤春、MF倉田、MF奥野、MF矢島、FWレアンドロ・ペレイラ

警告:チュ・セジョン(1)、佐藤→レッドカード退場

 

川﨑修平選手がポルティモネンセへの移籍かと報じられている。アトレチコ・マドリード、アルアイン、シャフタールなどのクラブからオファーがあったが、ポルティモネンセに決めたという。2026年6月までの5年契約。今週末にポルトガルに到着しサインするらしい。[8.25]

■J1リーグ8月21日終了時点の順位表:8勝6分11敗、勝点30。順位は1つ下げ13位。[8.22]

宇佐美選手試合後のコメント:[8.22]

前に良い形でボールを運べていないというか、チャンスや決定機はそれほどなかったし、ペナルティエリアの中に入っていく回数も少なかった。
しっかりと固められた中でそういう形を作り出せなかったことは1つあるかなと思う。

後ろに人が多くて重たく、前になかなか人数を割けない形なので、そういうコンビネーションや選手の立ち位置のバリエーションは限られてくる中で、もっと多彩な崩しとか、前にサッカーができればいいなと思う。

Jリーグ公式

松波監督試合後のコメント:[8.22]

前の3人をどう抑えるかについては、しっかりと後ろ3枚+ボランチ、再度でしっかりと対応できたと思う。まぁ、ただ何度か危ないシーンはあったが、最後は粘り強く失点ゼロで抑えられたのは良かった。

ただ攻撃は、前半何度かチャンスがあったが、終盤少し押し返す中でチャンスもあったので、そこをしっかりと決めきれれば、勝利を付けられたと思う。

Jリーグ公式

[J1第25節]ガンバ大阪 0(0-0, 0-0)0 FC東京 19:00 パナソニックスタ 入場者数:4,973人[8.21]

スタメン(交代出場):GK東口;DF三浦、昌子、キムヨングォン、藤春(73分柳澤);MF山本(81分チアゴ・アウベス)、小野瀬、矢島(81分奥野)、倉田(70分井手口);FWレアンドロ・ペレイラ、宇佐美(70分山見)

リザーブ:GK石川、DF菅沼、DF柳澤、MF井手口、MF奥野、FWチアゴ・アウベス、FW山見

警告:倉田(2)

 

柳澤選手試合後のコメント:[8.19]

チームを救いたいという思いがあったので、それが結果としてゴールになって良かったと思う。

菅沼選手佐藤選手は大きいのでマークが厳しい中、僕には逆に薄くなるなと思っていたので狙っていた。

Jリーグ公式

石川選手試合後のコメント:[8.19]

天皇杯は監督やGKコーチから「行くよ」と言われていたので、それに向けてしっかりと準備してきた。
もちろん当日出るメンバーはわからないが、僕個人としては最大限の準備をしてきたので、結果として今日は次のラウンドに進めることが嬉しいし、僕にとっても良い経験になった。

Jリーグ公式

松波監督試合後のコメント:[8.19]

柳澤選手は3バックでも4バックでも戦術理解は高いが、4バックの場合はより後ろから攻め上がるとか、ベルドアップはスムーズだと思う。走力もあるし、得点に行く感覚は、改めて彼の長所が出たと思っている。

Jリーグ公式

■天皇杯4回戦、ガンバ大阪は湘南ベルマーレと対戦する。9月22日(水)18:00〜。[8.18]

[天皇杯3回戦]ガンバ大阪 2(0-0, 0-0, 2-0, 0-0)0 松本山雅FC 18:00 パナソニックスタ[8.18]

得点:宇佐美CK→柳澤(95分)、井手口(100分)

スタメン(交代出場):GK石川;DF柳澤(102分三浦)、菅沼、佐藤、黒川(76分シンウォノ);MF奥野、チュ・セジョン、井手口(110分山本)、川﨑(76分レアンドロ・ペレイラ);FW小野(55分小野瀬)、チアゴ・アウベス(76分宇佐美)

リザーブ:GK加藤、DF三浦、DFシンウォノ、MF小野瀬、MF山本、FWレアンドロ・ペレイラ、FW宇佐美

警告:なし

 

■J1リーグ8月13日終了時点の順位表:8勝5分11敗、勝点29。順位は前節より1つ上げ12位に浮上。[8.14]

山見選手試合後のコメント:[8.14]

ガンバ大阪は昔から応援していたチームなので、勝利に貢献できることを、大学のうちから経験できて良かった。

いつもは左サイドからあのような形が多いが、今日は右サイドからだった。左でも変わらずに蹴ることができるし、練習通りにいけたと思う。

Jリーグ公式

松波監督試合後のコメント:[8.14]

山見選手はやはり、スピードのある選手で、少し押し込まれた中でもああいうワンチャンスというか相手の背後に抜けだせるスピードというのは、天皇杯で2度戦って特徴はしっかりと選手たちも含めてわかっていたと思う。

天皇杯後、シュートの精度を高めてほしいという話をしていたので、それを彼がしっかりとトレーニングしてきた結果が試合につながったと思う。コースもパーフェクトだったし、打つタイミングもパーフェクト。本当に良いゴール。

Jリーグ公式

■Jリーグ特別指定選手に承認されたFW山見大登選手がベンチ入りし75分から途中出場。左サイドを駆け上がり、そのまま左足でゴールを決める。[8.13]

[J1第24節]清水エスパルス 0(0-0, 0-1)1 ガンバ大阪 19:00 アイスタ 入場者数:6,865人[8.13]

得点:山見(82)

スタメン(交代出場):GK東口;DF昌子、三浦、キムヨングォン、藤春(71分黒川);MF山本、柳澤(75分奥野)、矢島(71分小野)、倉田(75分山見);FWレアンドロ・ペレイラ、宇佐美(88分チアゴ・アウベス)

リザーブ:GK石川、DF菅沼、DF黒川、MF奥野、MF小野、FWチアゴ・アウベス、FW山見

警告:なし

 

■オーストリアのFC Juniors OOにレンタル移籍していたFW中村敬斗選手が、オーストリアのLASK LINZ(リンツ)に完全移籍することが決定した。[8.11]

■FW一美和成選手が徳島ヴォルティスに完全移籍することが決定した。[8.11]

■徳島ヴォルティスがガンバ大阪のFW一美和成選手を完全移籍で獲得することがわかった。[8.11]

■J1リーグ8月9日終了時点の順位表:7勝5分11敗、勝点26。順位は前節13位と変わらず。[8.10]

矢島選手試合後のコメント:[8.10]

徳島のコンパクトな守備がすごくイヤで、自分たちがうまくボールを動かせず、相手の流れにハマってしまった。個人的には自分たちの流れが悪い時でも、自分がいつもと変わらないプレーをしたいのが、それもできずに、本当に自分が下手だった。

Jリーグ公式

松波監督試合後のコメント:[8.10]

なかなか前に進めない時間帯があり、そこをしっかりとしのげばというふうに試合を見て感じていたが、そこでセットプレーから失点し、最後2点目も自分たちのミスから失点。前半の2失点は非常に大きく響いてしまったかなと思う。
ただ最後のゴール。0-2をなんとかという思いは選手たちにもあると思うし、ゼロで終わるのと1点取っておわるとのではまた次に向けて違うので、途中交代した選手がそういう結果を出してくれたと思う。

Jリーグ公式

■ガンバ大阪が徳島ヴォルティスに敗れ、2連敗。[8.9]

[J1第23節]徳島ヴォルティス 2(1-0, 1-1)1 ガンバ大阪 19:00 鳴門大塚 入場者数:6,415人[8.9]

得点:チアゴ・アウベス(90+1分)

スタメン(交代出場):GK東口;DF小野瀬、昌子、三浦、キムヨングォン;MF奥野(HT山本)、チュ・セジョン(HTチュ・セジョン)、倉田(84分チアゴ・アウベス)、矢島(71分小野);FWレアンドロペレイラ、一美(57分宇佐美)

リザーブ:GK石川、DF藤春、DF菅沼、MF小野、MF山本、FWチアゴ・アウベス、FW宇佐美

警告:三浦(2)、矢島(2)、レアンドロペレイラ(3)、キムヨングォン(2)

 

■J1第4節・北海道コンサドーレ札幌戦で負傷したDF高尾瑠選手は検査の結果、右前ふくらはぎ靭帯損傷、右前距腓靭帯損傷と診断された。全治は非公開。[8.7]

■J1リーグ8月6日終了時点の順位表:7勝5分10敗、勝点26。順位は前節13位と変わらず。[8.7]

宇佐美選手試合後のコメント:[8.7]

ダイヤモンドのトップ下で普段よりは自由に動いて、その場にとどまるというよりは右に左とか、背後に動いてボールを引き出す中でチャンスを作っていく仕事だった。
チャンスも多く作れたし、攻撃の形やシュートまでいく流れは、今までにないような流れを作れたと思うが、後半すぐの相手攻撃のスピード感や畳み掛け方、試合運びのうまさで試合を蹴って付けられたと思う。

Jリーグ公式

松波監督試合後のコメント:[8.7]

引かずに前に前にというところは、非常に前半の入りは良かったと思う。
チャンスもあったし、前半決めきっていればまた違う展開になったと思うが、相手の決定力を含めて、後半の2失点は少し残念というか、防げる失点だったと思うので、その辺の細かいディテールはもっと質を上げていかなければいけない。

Jリーグ公式

[J1第6節]ガンバ大阪 2(0-1, 2-2)3 横浜Fマリノス 19:00 パナソニックスタ 入場者数:4,459人[8.6]

得点:レアンドロ・ペレイラ(56分)、パトリック(90+5分)

スタメン(交代出場):GK東口;DF柳澤、昌子、菅沼、、黒川(66分藤春);MF奥野(76分小野)、山本(66分井手口)、倉田、ウェリントン・シウバ(15分パトリック);FWレアンドロ・ペレイラ(チアゴ・アウベス)、宇佐美

リザーブ:GK石川、DF藤春、DF三浦、MF小野、MF井手口、FWパトリック、FWチアゴ・アウベス

警告:パトリック(1)

■「東京オリンピック2020」3位決定戦・元ガンバ大阪のMF堂安律選手と、ガンバ大阪から湘南ベルマーレにレンタル移籍しているGK谷晃生選手はフル出場した。1-3で4位に終わる。[8.6]

■ガンバ大阪新加入選手として内定している関西学院大学のFW山見大登(やまみひろと)選手が、Jリーグ特別指定選手として承認された。[8.5]

■「東京オリンピック2020」準決勝・元ガンバ大阪のMF堂安律選手が先発し91分途中交代。ガンバ大阪から湘南ベルマーレにレンタル移籍しているGK谷晃生選手は120分フル出場。試合は延長に0-1で敗れる。3位決定戦に。[8.4]

■J1リーグ8月3日終了時点の順位表:7勝5分9敗、勝点26。順位は前節13位と変わらず。[8.3]

柳澤選手試合後のコメント:[8.4]

僕が出た時は勝っていたので、とにかく勝点3をチームにあたえられるようにと思った。あとはデビュー戦だったので楽しもうという気持ちで入った。
試合は思っている以上に厳しかったが、DFとしては0で抑えられたので良かった。

ベンチにいるときからスタッフや選手から「試合に出るから楽しんで」と声をかけてもらったし、ピッチでも選手から「楽しめ」「のびのびやれ」と言ってもらえたので本当に良かった。みんなに助けられた。

Jリーグ公式

松波監督試合後のコメント:[8.4]

ボールを握りながら、相手がしっかり守備をしてくるということは少しプランにあったが、相手のプレッシャーも速かったし、なかなかボールをつなぐことは難しい部分ではあった。
しかし、最後まで粘り強く守備をしてくれたし、今までセットプレーからの得点は取れていなかったので、しっかりと決めきれて逃げ切ったところは、このような日程で毎試合勝つということに対し、執着心を持ってやってくれたと思う。

Jリーグ公式

■ガンバ大阪はベガルタ仙台に1-0で勝利し3連勝。[8.3]

[J1第5節]ベガルタ仙台 0(0-1, 0-0)1 ガンバ大阪 19:00 ユアテックスタジアム 入場者数:4,940[8.3]

得点:山本→パトリック⑤(CK34分)

スタメン(交代出場):GK東口;DF三浦、菅沼、キムヨングォン、黒川;MF奥野(83分チアゴ・アウベス)、山本、矢島(67分柳澤)、小野瀬(83分倉田);FWパトリック、宇佐美(62分ウェリントン・シウバ)

リザーブ:GK石川、DF昌子、DF柳澤、MFチュ・セジョン、MF倉田、MFウェリントン・シウバ、FWチアゴ・アウベス

警告:キムヨングォン(1)、ウェリントン・シウバ(2)、東口(1)

 

■U-17日本代表「HiFA平和祈念2021 Balcom BMWカップ 広島ユースサッカー」(8/5〜8/11)メンバーに、ガンバ大阪ユースからFW南野遙海選手が選出。

■元ガンバ大阪で、マンチェスター・シティ所属のFW食野亮太郎選手が、ポルトガル1部のGDエストリルプライアにレンタル移籍することが決定した。[8.2]

■「東京オリンピック2020」準々決勝・元ガンバ大阪のMF堂安律選手が先発し106分途中交代。ガンバ大阪から湘南ベルマーレにレンタル移籍しているGK谷晃生選手は120分フル出場。PKを止める活躍。[8.1]

 

関連:「ガンバ大阪ニュース / 2021年7月1日~31日」の続き

関連:「ガンバ大阪ニュースまとめ(過去分)」に戻る

-ガンバ大阪ニュース

© 2021 ガンバ大阪情報サイト「GAMBA TIMES(ガンバタイムス)」 Powered by AFFINGER5