ガンバ大阪応援サイト「GAMBA TIMES(ガンバタイムス)」

ガンバ大阪応援サイト、最新ニュース・試合結果・順位表・選手名鑑・TV放送・新加入&移籍情報など。

ガンバ大阪ニュース / 2018年6月1日~30日

      2018/06/30

スポンサーリンク

[J3第16節]SC相模原 2(1-2, 1-1)3 ガンバ大阪U-23 17:00 ギオンス 入場者数:3,256人 [6.30]

得点:オウンゴール(18分)、(32分)、(50分)

メンバー:GK鈴木;DF松田、西野、野田、山口;MF高、市丸(71分芝本)、妹尾(90分白井)、森(77分中村);FW高木、一美

リザーブ:GK谷、MF芝本、MF白井、FW中村

警告:市丸、西野

 

■ガンバ大阪がオファー出していたFW柿谷曜一朗選手が、セレッソ大阪に残留することが決定した。[6.30]

■ガンバ大阪U-23遠征メンバーが相模原に向け出発。[6.29]

■ロシアワールドカップグループHポーランド代表戦に東口選手は出場せず。宇佐美選手は初先発し65分までプレー。0-1で負けたが、警告数などのポイント差でグループH2位で決勝トーナメント進出が決定した。[6.29]

■地震の影響で延期となったJ3第15節ザスパクサツ群馬戦の代替開催日が8月18日(土)19:00(パナソニックスタ)に決定した。[6.28]

■U-16日本代表候補トレーニングキャンプ(7/1~4千葉)メンバーを発表。ガンバ大阪ユースからFW唐山翔自選手が選出。[6.28]

■U-19日本代表ロシア遠征・親善試合②U-19FCルビンカザン戦の1本目にGK谷晃生選手が出場。[6.27]

■ガンバ大阪からフローニンゲンに完全移籍した堂安選手の背番号が今シーズンから背番号「7」に決定した。[6.26]

■MF泉澤仁選手が東京ベルディ(J2)にレンタル移籍することが決定した。移籍期間は2019年1月31日まで。[6.25]

■MF矢島慎也選手がベガルタ仙台にレンタル移籍することが決定した。移籍期間は2019年1月31日まで。[6.25]

■ロシアワールドカップグループHセネガル代表戦に東口選手は出場せず。宇佐美選手は87分から途中出場。2-2で引き分け。宇佐美選手はワールドカップ初出場。[6.25]

■[U-23練習試合]ガンバ大阪U-23 2(1-1, 1-2)3 ガンバ大阪ユース 11:00 40分×2本 練習場[6.23]

得点:髙木(①8分)、一美(②18分)

メンバー①:GK鈴木;DF松田、野田(30分芝本)、西野、福田;MF高、市丸、森(30分白井)、妹尾;FW一美、高木(30分中村)
メンバー②:GK鈴木;DF松田(23分森)、高、西野(21分野田)、福田;MF芝本、市丸、中村、白井;FW一美、高木

 

■本日J3第15節ザスパクサツ群馬戦が延期になったため、ガンバ大阪との練習試合が行われた。[6.23]

アデミウソン選手が完全合流。トップの練習に参加した。[6.23]

■U-19日本代表ロシア遠征・親善試合①U-19FCルビンカザン戦の2本目にGK谷晃生選手が出場。[6.23]

■JFAエリートプラグラムU-14フューチャーキャンプ西(6/28~7/1・山口)メンバーに、ガンバ大阪ジュニアユースから高橋隆大選手小幡季生選手が選出。[6.22]

■関西学院大学のDF髙尾瑠(たかおりゅう)選手が2019年シーズンよりガンバ大阪に加入する仮契約を結んだ。高尾選手は元名古屋グランパスU18所属。[6.22]

■パナソニックスタジアム吹田で被災者支援としてシャワールームの無料開放を行っている。期間は6月30日まで。[6.22]

■ガンバ大阪への移籍が噂されている柿谷選手が、セレッソ大阪沖縄キャンプに参加していることが分かった。[6.22]

■J3第15節ザスパクサツ群馬戦(6/23万博)は、地震によるスタジアムの補修、安全面、交通機関の復旧の見込みが現在のところ立っていないため延期されることが決定した。代替日は後日発表される。[6.21]

■宇佐美選手はデュッセルドルフとの完全移籍に向けた交渉が合意に至っておらず、アウクスブルクに復帰する可能性も出てきた。宇佐美選手はデュッセルドルフに残留を希望している。またガンバ大阪からもオファーがあるらしい。[6.21]

■地震の影響でパナソニックスタジアムのテレビモニターが倒れたことがわかった。[6.20]

■地震のため、トップのメンバーは1日遅れで練習再スタートとなった。[6.20]

■日本代表西野朗監督は試合後「選手は”タフ”に戦ってくれた。その結果だと思う」とコメント。[6.20]

■ロシアワールドカップグループHコロンビア代表戦に東口選手、宇佐美選手は出場せず。2-1で勝利。[6.19]

■「U-16インターナショナルドリームカップ2018」第3戦U-16スペイン代表戦に、FW唐山翔自選手が先発フル出場。DF大串昇平選手は出場せず。1-3で敗れ大会終了。[6.18]

■本日よりトップのメンバーの練習が再開される予定だったが、地震の影響で中止されることが決定した。[6.18]

■セレッソ大阪の柿谷選手が近日中にガンバ大阪への移籍を表明すると報じられている。[6.18]

■「U-16インターナショナルドリームカップ2018」第2戦U-16セネガル代表戦に、DF大串昇平選手が前半のみ出場。FW唐山翔自選手が58分から途中出場。0-2で敗れる。[6.17]

中村選手試合後のコメント:[6.17]

相手は引いている状況で、本来なら今日のような相手なら一人で3~4人を抜く力が欲しいのだが、現実はそううまく行かない。相手のボールを奪い返し、前線までドリブルで行った場面で、シュートを打ちたかったが、横パスを選択した。あのような場面を増やしてゴールに近づきたい。
J3のベンチはチームとして一番下だと思っている。一時期J1のスタメンだったがそれは今では関係がない。FWである以上点を取らなければ、ここまで落ちるのがわかったので、一番下からのスタート。途中から出て点を取り、J3スタメンになり、点を取れるようになったらJ1に帰れると思っている。今はJ3の途中出場で結果を残すことだと考えている。

宮本監督試合後のコメント:[6.17]

前半は相手の勢いの押され出足、運動量、球際の強さ、判断の速さが良くなかった。後半は修正が出来て距離感も良くなり相手ゴールに迫る回数も増えた。ただ、最後のシュートやペナルティエリアの思い切りなど、手数を掛け過ぎたところが防がれた理由。
鳥取の監督が代わりホームでの集中力を高いのは分かっていたが、それ以上に上回れなかったこと。セットプレーの処理の甘さが出たのが敗戦の要因だと思う。

via Jリーグ公式

[J3第14節]ガイナーレ鳥取 1(0-0, 1-0)0 ガンバ大阪U-23 17:00 とりスタ 入場者数:2,456人 [6.16]

メンバー:GK谷;DF森(66分中村)、西野、野田、山口(85分白井);MF高、市丸(79分芝本)、妹尾、泉澤;FW高木、一美

リザーブ:GK鈴木、DF松田、MF芝本、FW白井、FW中村

警告:なし

 

■「U-16インターナショナルドリームカップ2018」第1戦U-16パラグアイ代表戦に、FW唐山翔自選手が先発フル出場、DF大串昇平選手は出場せず。2-3で敗れる。[6.15]

■サッカーワールドカップロシア大会がスタート。開催国ロシアがサウジアラビアを5-0で大勝。[6.15]

■井手口選手のクラブチームに合流の理由は、リーズユナイテッドにビエルサ氏が新監督になるからだと報じられている。まだ公式では発表されていない。[6.14]

■堂安選手がガンバ大阪練習場で自主トレを行った。[6.14]

■2026年サッカーワールドカップはアメリカ、メキシコ、カナダの3ヵ国共催で行われることが決定した。[6.14]

■国際親善試合パラグアイ代表戦にGK東口選手が前半のみ出場。宇佐美選手は後半34分から出場した。4-2で勝ち、西野朗監督初勝利。[6.13]

■日本代表のバックアップメンバーとして帯同していた井手口選手がリーズユナイテッドのクラブの事情によりに帰国することになった。[6.13]

アデミウソン選手が練習に合流。別メニュー調整を行っている。[6.13]

■U-19日本代表ロシア遠征(6/17~28)メンバーを発表。ガンバ大阪からGK谷晃生選手が選出。遠征ではロシアワールドカップA代表のトレーニングパートナーも務める。[6.11]

■山内社長が「奪還」というスローガンを裏切る形になったことを謝罪。後半はクルピ監督続投で、中断期間に立て直しをしチームが向上するためのあらゆる手段を講じ、トーナメントのつもりで戦うことを宣言した。[6.11]

■山内社長が柿谷選手へのオファーを認めた。「クルピ監督から攻撃的な選手を要望されていた。ガンバのサッカーにあう」と語った。[6.11]

■ルヴァンカップ準々決勝の対戦相手は、7月29日(日)お台場フジテレビで開催されるオープンドローにより決定する。[6.11]

一美選手試合後のコメント:[6.11]

前半はゴールまで行けなかったのでそこが課題であり、少し足りないところだと思う。バリエーションを増やさないといけなし、クロスからのゴールは欲しいが、なかなか難しい。
中を崩すのは難しいので、外から崩したいというのはチームとしてはある。クロスの質やフィニッシュの質を上げられれば、もっと点が入ると思う。
前半はシュートも少なかったので、もっとミドルシュートを打てば、福島の守備を引き出せるかなと思う。

森選手試合後のコメント:[6.11]

野田選手とは狙っているプレーがあった。そういう話をしていたし、僕自身が意識しているプレーでもある。
決めるべきところで決めたかったが、僕自身のクロスの精度とか最後のシュートの質をもっと上げられれば得点になっていたので、そこはもっと練習していきたい。
前半に先手を取りたかった。ただサッカーとはそういうものだと思うし、こちらの攻め疲れというか、後半は運動量が落ちたので、あの時間帯に点を取っておきたかった。

宮本監督試合後のコメント:[6.11]

ボールを失ってからの切り替えや、強さ、テンポよくボールを動かす部分では前半の立ち上がりは良くなかったが、途中から良くなった。
後半は3人が絡んだり、ゴール前の迫力、裏への飛び出しをHTに協調したら、ある程度は作れるようになった。ただ精度が低くカウンターを食らったりして難しい展開になった。
選手がつかれたりカウンターを受けたが、谷選手がしっかりと守り、失点を防いだことが1-1の試合になったのかなと思う。やはり先制点を取る試合がしたい。

via Jリーグ公式

アデミウソン選手がJ3福島ユナイテッドFC戦の観戦に訪れた。次節出場か?[6.10]

■J3福島ユナイテッドFC戦0-1で終了かと思われた90+4分に一美選手がペナルティエリア内でハンドを誘い、自身がPKを決め同点に追いつき1-1で終了。[6.10]

[J3第13節]ガンバ大阪U-23 1(0-0, 1-1)1 福島ユナイテッドFC 16:00 万博 入場者数:974人 [6.10]

得点:一美(PK90+4分)

メンバー:GK谷;DF森(76分妹尾)、西野、野田、山口;MF高、市丸、矢島、泉澤(82分中村);FW高木(72分白井)、一美

リザーブ:GK林、DF松田、MF妹尾、MF芝本、FW白井、FW中村

警告:野田

 

■第2移籍登録期間(ウインドー)は2018年7月20日(金)~8月17日(金)となっている。[6.10]

■ガンバ大阪はセレッソ大阪の柿谷曜一朗選手に推定年棒1億円の複数契約を提示したらしい。[6.10]

■トップの選手はワールドカップ期間に入り試合がないため、6月10日(日)から17日(日)までオフとなっている。J3は毎週試合が行われるためオフは無し。[6.10]

ファンウィジョ選手試合後のコメント:[6.10]

アウェイゴールを決めることで、相手が苦しくなるので、そういう意味では1点目がチームとして非常に大きかった。
水曜日の試合に負けたことはサッカー選手としてはずかしいこと。今日の試合に向けて選手たちは気持ちを切り替えて、しっかりと臨めたことが今日の結果に結びついたと思う。
戦術は特に変わっていない。まず失点せずに先制点を奪う中で、いつもよりはチーム全体で守備的な意識が強かったと思う。

クルピ監督試合後のコメント:[6.10]

見ごたえのあるエキサイティングな試合になった。水曜日に悔しい思いを全員がした、120分の試合のあと中2日挟んで、今日走りぬいた選手たちはよくやったと思うし、
彼らのパフォーマンスを称えたい。
ここ何人かを交代すると、その選手だけが負けた要因だったというイメージを与えることだけは良くない。勝つときも負ける時も一人で勝つわけではなく、1人で負けるわけではない。
みんなが責任をとるという思いをもって今日の試合に臨むのが一番良いのではないかと同じメンバーにした。

via Jリーグ公式

■ルヴァンカップノックアウトステージ準々決勝は、第1戦9月5日(水)、第2戦9月9日(日)に行われる。[6.9]

ファンウィジョ選手がルヴァンカップジュビロ磐田戦でハットトリックを達成。準々決勝に進出。[6.9]

[ルヴァンカッププレーオフ②]ジュビロ磐田 2(1-1,1-2)3 ガンバ大阪 16:00 ヤマハ 入場者数:10,528人[6.9]

得点:ファンウィジョ(26分)、ファンウィジョ(50分)、ファンウィジョ(66分)

メンバー:GK林;DFオジェソク、三浦、ファビオ、藤春;MF遠藤、マテウス;ファンウィジョ(72分食野)、藤本(90+1分森)、倉田;FW長澤(HT高江)

リザーブ:GK谷、DF西野、MF妹尾、MF森、MF高江、MF食野、FW中村

警告:なし

 

■国際親善試合スイス代表戦に宇佐美選手が先発し55分途中交代。東口選手は出場せず。[6.9]

■柿谷選手と宇佐美選手は移籍代理企業JSP(ジャパンスポーツポロモーション)に所属。現在ガンバ大阪には10人のJSPの選手が所属している。[6.9]

■セレッソ大阪の柿谷曜一朗選手にオファーを出したことがわかった。移籍金は4億円と言われていて既に交渉は進んでいるらしい。柿谷選手には春にもオファーをだしていた。[6.9]

■元ガンバ大阪でデュッセルドルフの宇佐美選手にもオファーを出しているらしい。宇佐美選手は以前デュッセルドルフ残留が最優先だと明言している。[6.9]

■梶居強化部長はルヴァンカップに敗退してもクルピ監督の解任は考えていないとコメントした。[6.9]

■9月11日に行われる国際親善試合「キリンチャレンジカップ」第2戦コスタリカ代表戦は、パナソニックスタジアム吹田で開催されることが決定した。[6.8]

アデミウソン選手がドバイ経由で来日。[6.8]

林選手試合後のコメント:[6.7]

ミスが多く、前半から悪い流れだったが失点せずに後半に入れた。唯一良かったのはゴールだけ。前半攻められていた中でも、失点だけはしないことが大事だと意識してきた。
あってはならない結果だが、ミスを減らさないとサッカーができない。

中村選手試合後のコメント:[6.7]

決めるだけだった。それが反省点。入ってから失点してしまったが、相手は前半から何度も決定的な場面を作っていて、それがたまたま後半の最後に入った。そのあと同点には追い付けたが、こちらはチャンスをほとんど作れていなかった。最後は相手が引いたのでチャンスになったが、延長までは向こうの方がチャンスがあったと思う。
ジャイアントキリングというよりは、単純に力負けだと思う。相手は集中していたし、前半からずっと押されていた。僕らが集中していなかったわけではない。普通に実力でやられた感じだと僕は思っている。

クルピ監督試合後のコメント:[6.7]

残念ながら今日の結果は妥当だと言わざるを得ない。関学は非常に良いサッカーをしたのでたたえなければいけない部分もあるし、勝利にふさわしい試合をしたと思っている。
説明しづらいが、大学生のチームはモチベーションを持っているのは試合前から想定していた。それを受けずにゲームを支配し、プレスをかけるといった姿勢をみせなかればならなかったので、それを一番心配していたし、それができなかったのは責任は私にある。

via Jリーグ公式

■ガンバ大阪が関西学院大学に敗れ、天皇杯2回戦で敗退。[6.6]

[天皇杯2回戦]ガンバ大阪 1(0-0,1-1,0-1,0-0)2 関西学院大学 19:00 パナソニックスタ [6.6]

得点:三浦(89分)

メンバー:GK林;DFオジェソク、三浦、ファビオ、藤春;MF遠藤、マテウス;ファンウィジョ(HT妹尾)、藤本(HT食野)、倉田(99分森);FW長澤(85分中村)

リザーブ:GK谷、DF西野、MF妹尾、MF森、MF高江、MF食野、FW中村

警告:マテウス

 

■宇佐美選手は背番号11に関して『何となく「11」になるだるだろうと思っていた。選択できれば「33」か「39」を選んでいた』と語った。[6.5]

■「U-16インターナショナルドリームカップ2018 JAPAN」(6/10~17仙台)に出場するU-16日本代表メンバーを発表。ガンバ大阪ユースからDF19大串昇平選手とFW11唐山翔自選手が選出。[6.4]

■トゥーロン国際大会グループステージ第3戦U-21カナダ代表戦に、MF初瀬亮選手が先発フル出場。1-1で引き分け。1勝1敗1分で準決勝進出はならず。U-21トーゴ代表と7/8位決定戦を行う。[6.4]

ファンウィジョ選手試合後のコメント:[6.3]

ゴールについて。サイドからの良い突破と、そこから長澤選手からの良いパスが続き、それを決められたので良かったと思う。
1トップでも2トップでも問題ないが、ただ2トップの方が長澤選手と2人でコンビネーションを色々出せるのでやりやすい面もある。

藤本選手試合後のコメント:[6.3]

前半に一つ倉田選手に出すタイミングに出せず、相手が嫌がるプレーをしないと相手ラインが下がらない、というのが続いていたので後半は意図的に出し続けた。次は自分も受け手になれるようにしたい。
今日は最低限の結果は出せたが、まだ1-0なので次はわからない。アウェイで勝てるようにしたい。

クルピ監督試合後のコメント:[6.3]

今日の結果は非常にうれしい。そしてアウェイゴールを取らせなかったのが非常に大きい。
試合の内容は互角だったが、今日の結果より第2戦アウェイで先制ゴールを決めればさらに有利な状況になることができたので、このアドバンテージを生かすべく、次の試合に向けて良い準備をしたい。

via Jリーグ公式

■ルヴァンカッププレーオフジュビロ磐田戦第1戦に1-0と無失点で勝利したため、第2戦を有利に戦えることになった。[6.3]

[ルヴァンカッププレーオフ①]ガンバ大阪 1(1-0, 0-0)0 ジュビロ磐田 16:00 パナソニックスタ 入場者数:8,519人[6.2]

得点:長澤→ファンウィジョ(7分)

メンバー:GK林;DF米倉(67分オジェソク)、三浦、ファビオ、藤春;MF遠藤、マテウス;ファンウィジョ、藤本(80分高江)、倉田;FW長澤(67分食野)

リザーブ:G鈴木、DF野田、DFオジェソク、MF森、MF高江、MF食野、FW中村

警告:なし

 

谷選手試合後のコメント:[6.3]

大阪ダービーということで負けられない戦いだったし、結果を求められる中で、やはり勝ちたかった。今の順位を見ても、上位に食い込むためには勝って終わりたかった。先制され厳しい試合の中でも勝点1を取れたのは良かったが、勝ちたかったというのが正直な気持ち。
失点はしたが、その後はチームとしても焦らず落ち着いて試合ができたと思う。

宮本監督試合後のコメント:[6.3]

前半セレッソの立ち上がりがよく受けてしまい、ボールを前に運べず苦しい時間帯が続いた。失点後も決定機を作られたが、我慢する流れだった。途中からハーフウェイラインを越えてボールを持つ展開を増やし、ある程度落ち着いて試合を進めることができた。後半はビルドアップを増やそうと指示。前にボールを運んだ後の崩しに関してアイデアや走るスペースを伝えた中で、改善されたと思う。
ダービーということで球際の勝負は前半は甘さがあったが、後半は良くなったと思う。たくさんのピンチがあったが、こちらもチャンスがあったので引き分けが妥当かなという印象。

via Jリーグ公式

■J3セレッソ大阪U-23戦、前半に失点したものの、後半30分に前に出た浮き球から白井選手がループシュートを決め1-1の引き分け。 [6.2]

[J3第12節]セレッソ大阪U-23 1(1-0, 0-1)1 ガンバ大阪U-23 14:00 ヤンマー 入場者数:4,551人 [6.2]

得点:白井(75分)

メンバー:GK谷;DF松田、西野、山口;MF高、市丸、芝本、妹尾(90+2分足立)、高木;FW白井、一美

リザーブ:GK駒井、MF足立、MF奥野

警告:市丸

 

■日本代表メンバーから外れた井手口選手は、ロシアワールドカップに帯同することがわかった。[6.2]

東口選手と宇佐美選手たち日本代表メンバーが合宿地であるオーストリアに向けて出発。[6.2]

■ワールドカップロシア大会の背番号を発表。東口選手は背番号「12」、宇佐美選手は背番号「11」に決まった。[6.2]

■今週の土曜日はU-23とトップの2試合が行われる[6.1]

  • [J3第12節]セレッソ大阪U-23戦(14:00 ヤンマー)
  • [ルヴァンカッププレーオフ①]ジュビロ磐田戦(16:00 パナソニック)

■トゥーロン国際大会グループステージ第2戦U-21ポルトガル代表戦に、MF初瀬亮選手が先発フル出場。3-2で逆転勝利。1勝1敗。[6.1]

宇佐美選手はワールドカップロシア大会の日本代表に選出されたことに「嬉しい!がまだスタートライン。これからという気持ちが強い。いい準備をしてロシアに向かいたい。
一時は諦めかけていたのでホッとした。ワールドカップのために移籍したドイツで思うような活躍ができなかったので。それでも最後に結果をだせて滑り込めたことにホッとしている。
妻が自分のサッカーのことで泣いたのは初めて。凄いことなんだなと改めて実感した。娘たちは爆睡していた。」と語った。[6.1]

東口選手はワールドカップロシア大会の日本代表に選出されたことに「4月のアクシデントの時はやはりサッカーをしたいという思いが支えになった。支えてくれた家族、友人、選手、スタッフに支えられて今回復帰できたと思う。
遠回りしたサッカー人生だが、続けてきた結果、ここまでくることができた。僕の夢はまだ終わっていない。ワールドカップで日本の勝利に貢献することが夢だ。
また、ロシアに持っていくものに関する質問には「サポーターからいただいた日の丸を持っていく」と語った。[6.1]

■U-19日本代表候補がU-19大学選抜と練習試合(2試合目)を行い、DF松田選手は先発フル出場した。FW中村選手は先発し30分途中交代、61分から再度出場。2-0で勝利。[6.1]

■U-19日本代表候補がU-19大学選抜と練習試合(1試合目)を行い、GK谷晃生選手が61分から途中出場した。3-1で勝利。[6.1]

スポンサーリンク

 - ガンバ大阪ニュース